ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

創業140年ひつまぶしの名店 一番人気のサイドメニューは「うまき」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月31日放送の「旅ずきんちゃん~全国のほほ~ん女子会」(TBS系、毎週日曜午後11時30分)では“名古屋メシ”を取り上げ、お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の吉村崇さんと徳井健太さんらが「あつた 蓬莱軒 本店(蓬莱陣屋)」(愛知県名古屋市)を訪れた。

 同店は、1873(明治6)年に創業したひつまぶしの名店。秘伝のうなぎのたれは140年つぎ足され続けている。番組では人気のサイドメニューを紹介した。一番人気の「うまき」は、自慢のかば焼きを新鮮な卵でふんわり包んだ一品。「肝焼き」は、1匹から1つしかとれない貴重な肝を7匹分も使用したぜいたくな一皿だ。「白焼き」は、うなぎ本来の味を楽しむため薄めのたれでじっくり焼き上げる。白しょうゆとしょうがを合わせたたれでさっぱりといただける。

 「うまき」を食べた徳井さんは「うわ、おいしい! やさしい!」と感嘆の声を上げた。吉村さんは「甘みすごい! ふわふわ」とコメント。「ひつまぶし」を食べた徳井さんは「脂がすごい」と驚き、吉村さんは「うま~!」とそのおいしさに興奮した様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:あつた 蓬莱軒 本店(蓬莱陣屋)(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:熱田区のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:熱田区×和食のお店一覧
「孤独のグルメ」原作者・久住昌之が鉄板中華店の裏メニューに舌鼓!
隠し味は昆布のつくだ煮 和洋折衷の「きんぴらベーコンアボカド丼」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP