ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『宇宙戦艦ヤマト』ハリウッドで実写化―公開は早ければ2017年

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アニメ『宇宙戦艦ヤマト』がハリウッドで実写映画化されることが決定した。9月8日、複数メディアが報じている。

【関連:1974年放送の伝説のドラマ『SFドラマ 猿の軍団』DVD-BOX発売決定】

 報道によると、実写映画版タイトルはアメリカのアニメシリーズタイトルと同じ『STAR BLAZERS(スター・ブレイザーズ)』(仮題)とされている。

製作するのは、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(11年)や『ワールド・ウォーZ』(13年)を手掛けた、スカイダンス・プロダクション。

監督は『ミッション:インポッシブル5』(15年公開予定)のクリストファー・マッカリー監督が務める。

 同監督はアニメ『STAR BLAZERS』の大ファンであり、長年実写映画化の企画をあたためてきたそうだ。公開は早ければ2017年とされている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP