ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中村 中、アルバム「世界のみかた」発売イベントでバンドでのライブ披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月3日に中村 中のニューアルバム「世界のみかた」が発売されたことを記念して、9月5日、タワーレコード渋谷店B1F「CUTUP STUDIO」にてCD購入者対象のレコ発イベントを行った。

先月恒例アコースティックツアー“阿漕な旅2014~幾歳月~”も終えたばかりでアルバム発売後最速のライブ。アルバム制作を一緒に参加したミュージシャンが集結してのライブという事もあって、会場にはファンが大勢詰めかけ、登場を待った。

軽妙なスタッフMCと共に続々とメンバーが登壇、そして最後に中村 中がステージに。一気に会場が熱気に包まれる中、冒頭中村から「皆さん、重大発表があります!・・・自分たちバンドを結成しました!!バンド名は“打ち上げ花火”です!」と発表されると、更にファンから歓声と拍手が巻き起こった。

ニューアルバムより「おつきさま」でライブは幕開けした。いじめを加害者側からの観点で描いた「同級生」などアルバムから次々に楽曲が初お披露目される中、途中MCで中村がバンドメンバーに「みんな、ツアーやるとしたらどこに行きたい?」と問われると、沖縄、北海道、そしてニュージーランドと口にすると中村本人も「アメリカツアーとかいいね。だって“世界”だから!」と夢を語った。

ライブ中盤には、このメンバーでアルバムを制作するきっかけとなった、先行シングルのカップリング収録の「スズムシ」(Sg「幾歳月」収録)を披露。バンド結成初とは思えない息のあったステージを披露。

その他、代表曲「友達の詩」など含む9曲を披露、アンコールでは、“諦める”をテーマに書き下ろした最新シングル「幾歳月」を披露し幕を閉じた。

全ての曲が終わり、メンバーが一列に並び、最後の挨拶にはいると思いきや、再び中村から「重大発表があります!」と告げられ、ファンは更なる期待をよせ息を呑む中、声が震える中村、なかなか言い出せない。そしてなんと「今日、結成したこのスペシャルバンド、“打ち上げ花火”は本日で解散いたします!」と発表、ファンの戸惑いとも冗談とも取れる「えーっ!」の声。

解散の理由として中村「・・・音楽性の不一致・・・といいたいところですが、実はメンバー同士の色恋沙汰が原因で・・・・。何度も考え直したのですが・・・ううっ」と嗚咽か笑いをこらえてるだけなのかわからない面持ち。とその直後に「あ、私じゃないですよ、彼と彼です」とバンドメンバーを指す。

「さっきステージで海外ツアーの夢を話したけど、それもまるでこの夏の“打ち上げ花火”みたいに叶わぬ夢になりましたー。でもまた夏が来たらまたバンドでやれたらいいな」と、中村 中流とも言えるどこまで本気かわからないジョークで一夜限りのバンド結成劇を締めくくり「このアルバム“世界のみかた”をみんな、いっぱいいっぱい楽しんでください」と語りかけながら笑顔でステージを去った。

ステージ後、中村本人に感想を聞くと「スタジオ録音ではわからない生音の勢いが腰に来るぐらいでした(笑)。今回一緒にアルバムに参加し、一緒に作ってくれたメンバーと一緒にステージできたのが嬉しかったです。途中、このアルバムが完成するか悶々と悩んでた時にメンバーに励まされて完成したんですよ。まさにバンドでした」と話し、レコ発ライブについては「今回は演る側も観る側もお互い初めてじゃないですか。そのお客さんの顔を見る瞬間がすごく好きでドキドキするんですよね」と興奮気味に語った。これからこのアルバムを聴く方へのメッセージとして「今作はあきらめがテーマで作ろうと進めていってたのですが、つくるうちに、”物事って一方向からだけではわからない。音楽は自由にきくものであるし、物事をいろんな角度から見ると解釈が全く違ってって事をテーマに作品が完成しました。是非みなさんのそれぞれの“みかた”で聞いて欲しい」とコメントした。

このアルバムを連れて、今年12月28日と29日には、東京・赤坂アクトシアターにてワンマンライブも決定している。

SET LIST
M1 おつきさま(アルバム「世界のみかた」収録)
M2 後悔してる(アルバム「世界のみかた」収録)
M3 同級生(アルバム「世界のみかた」収録)
M4 思い出とかでいいんだ(アルバム「世界のみかた」収録)
M5 友達の詩
M6 スズムシ
M7 独白
M8 旅人だもの
M9 世界のみかた(アルバム「世界のみかた」収録)
M10 幾歳月(アルバム「世界のみかた」収録)

関連リンク

中村 中 オフィシャルサイト「中屋」http://ataru-atariya.com/
中村 中 テイチク/インペリアルレコードhttp://www.teichiku.co.jp/artist/nakamura-ataru/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP