ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人OB広岡達朗氏「個人的には広島が勝てばいいと思います」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよ9月に入り、プロ野球の優勝争いも佳境を迎えつつある。セ・リーグでは現在巨人が首位を走っているが、巨人OBの広岡達朗氏は、古巣に対して厳しい目を向けている。広岡氏が巨人に提言する。

 * * *

 思えば開幕当初からおかしかったでしょう。せっかく阿部慎之助が4番に落ち着いてきたかと思ったら、獲ったばかりのキューバ人をいきなり4番に据えてみたり、本来の4番打者に7番や8番を打たせたり。わけの分からない野球をやっている巨人をどう評論していいのか、私は分からんのですよ。

 OBとしていいたいのは、巨人にはまともなチームとして勝ってもらいたいということ。正しい選手の使い方をして勝たないといけない。だから今の巨人は落第です。負けてくれたほうがいいとさえ思っています。今のまま勝つと困るんです。他球団はすぐに巨人の真似をするから、球界のためにならない。自軍選手を育成して純粋な野球をやるチームこそが勝つべきだ。だから個人的には広島が勝てばいいと思います。

 そもそも足だけ、守りだけで大金をもらう選手が多すぎて、チーム編成がおかしくなっている。走攻守の三拍子揃った選手を育てるのが当たり前なんです。そうして選手にそれぞれの役割を与え、できなくなればユニフォームを脱がせる。それが巨人の伝統ですよ。

 もし私が川上(哲治)さんに「7番を打て」といわれたら「じゃあ辞めます」といいます。そうしたプライドがあったのは江川(卓)まででしょう。小早川(毅彦)にホームランを打たれて辞めたんだから偉い。今の巨人はこういう教育がまったくできていない。

 高橋由伸には、「ヘタな守備でケガしやがって。休んでばかりで億単位の年俸をとるのか」といいたいね。まァ、これがキツすぎるというなら、「キミはクリーンアップを打つべき選手なんだ。打てないなら辞めてくれ」くらいはいうべきなんです。それで惜しまれつつ辞めて、後進の指導に当たるというのが筋ですよ。

※週刊ポスト2014年9月19・26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
解任騒動の元巨人・清武英利氏が野球への思い綴った本が登場
王貞治インタビュー他プロ野球逸話を満載した二宮清純氏の本
「江夏の21球」や「巨人はロッテより弱い」発言の真相描く書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP