ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

汗の黄ばみ汚れ 40℃のお湯と濃い洗剤液に付け置くと落とせる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 衣類や寝具、小物類など、夏のシーズン用品を1年後に出してみたら、黄ばみやシミがくっきり…。夏物の保管には特に多い失敗。生活研究家、消費生活アドバイザーの阿部絢子さんはこう語る。

「通常のドライクリーニングだけでは、汗じみなど夏に多い汚れはきれいには取れません。衣類に残った汚れは時間とともに酸化し、黄ばみなどの原因になります」

 衣類についている洗濯表示を確認し、可能なものは自宅で丸洗いするのが一番だという。最近は洗える寝具も多い。

「洗濯用洗剤に配合された酵素は40℃のお湯に入れたときに威力を発揮します。汗の黄ばみ汚れがひどいものは40℃のお湯で濃いめの洗剤液を作ってつけおきすれば、驚くほどきれいになりますよ」

 洗えない寝具でも、風を通すだけで湿気対策になる。

「まずは天気予報をチェック。天気のいい日に家中の窓を開け放って、夏の湿気や汚れを一気にきれいにしてしまいましょう」

※女性セブン2014年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
口コミで売上倍増 『アメトーーク!』登場のウタマロ石けん
字が下手な若者増「字が綺麗だとモテる」の背景消失も原因か
おばあちゃんの知恵袋 色柄モノ洗濯は塩で下洗いし色落ち防ぐ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP