ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

教え子と結婚した教師 結婚後も妻を旧姓のフルネームで呼ぶ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回は寄せられたのは、ご主人(40歳)が高校教師の奥様(33歳)。奥様は教え子でした。

 

 * * *

 夫は国語の先生をしていて、凄く真面目なんです。生徒に対しての呼び方も、男子にはフルネームの「くん」付けで、女子には、私だと「K本A香さん」と「さん」付けでした。

 私が短大を出てから再会し、付き合い始めたんですが、デートしても手も握らず、「そうですね、K本A香さん」。言葉も丁寧で呼び方もフルネーム。私が彼の部屋で「今夜は泊まって行くね」。上着を脱ぎ出すと「な、何をするんですか! K本A香さん」と後ずさりするような人なんです。

 結婚してからも、私は7歳年上の彼を「E司」と呼び捨てなのに、夫は「K本A香さん」です。「結婚して苗字も変わったのに、『K本A香さん』はおかしいでしょ!」「呼び慣れた名前でないと落ち着かないんですよ」。妥協して「A香さん」になりましたが、「E司」「A香さん」だと、聞いた人に「カカア天下」という印象を与えてしまいます。

 夫の母親からも「ねぇ、せめて人前では夫を敬う姿勢でいて欲しいの。世間体を考えてね」。夫に「私は『E司さん』って呼ぶから、アナタは『A香』って呼び捨てにして」というと、「わかりましたよ、A香さん!」。ダメだ、こりゃ!

※週刊ポスト2014年9月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
小松菜生産量年間約4万トンで日本一の東京23区のある区とは
仏語学ぶ工藤静香の娘 フルートのコンクールで最優秀賞受賞
藤原紀香と再婚報道の乾牧夫氏はバツ2のイケメンヒルズ族

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP