ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空き家でも高コスト 庭手入れで年8万、豪雪地帯は一冬30万

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高齢化ニッポンの新たな重要テーマになっているのが「実家の片付け・処分」である。「どのように家財を処分すればいいのか」「業者に依頼する場合の注意点」といったノウハウが注目を集めるが、背景にある「老老相続」の深刻な現実を見落としてはならない。

 遺品整理、解体にかかる金額、売却の可能性を考慮した際、多くの人が「空き家のままにしておく」という選択肢をとらざるを得ない。ただしその場合でもコストはかかってくる。

 固定資産税は払い続けなければならないし、水道・電気・ガスの基本料金もかかる(合わせて月額約5000円)。『田舎の家のたたみ方』(メディアファクトリー新書)の著者で、経済ジャーナリストの三星雅人氏は、

「管理や掃除のことを考えると、電気と水道は残しておいた方がいい。忘れてはいけないのが庭の手入れです。ヤブ蚊や蜂の巣の発生で、近隣からクレームを受ける可能性もある」

 という。庭の手入れを業者に頼んだ場合、庭師1人につき1日2万円が相場。季節ごとに呼ぶとすれば年間8万円だ。千葉県に住む60代の主婦は、一昨年亡くなった叔母の空き家を管理しているが、苦労は絶えない。

「空き家だと知れたら、ゴミの不法投棄をされたり、家の中に侵入されたりするんじゃないかと怖い。そのため夜になると自動で灯りがつくライトを設置しました。数万円の費用がかかったうえに電気代もバカになりませんが、万が一のためには仕方がない」

 豪雪地帯ならではの出費もある。秋田県に実家のある東京在住の65歳男性がいう。

「冬は屋根の雪下ろしを定期的にしないと家が潰れてしまう。昨冬は雪が多かったので、ひと冬に5回も雪下ろしを依頼しました。作業員1人あたり2万円で、3人呼んだので1回6万円。ひと冬で30万円だからたまりません」

※週刊ポスト2014年9月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
両親が死に空き家になった実家 放置するのはマイナスだらけ
日本の空き家件数は820万戸 割合高いのは山梨、愛媛など
空き家が深刻な「幽霊マンション」建て替え成功は200棟だけ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP