ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

稲川淳二の本職が凄いと話題に! バーコードリーダーや新幹線の検札機はこの人のデザイン

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

この人に話をさせたらどんな普通の話も怖い話に聞こえてしまうというくらい、怖い話で定着している稲川淳二。そんな稲川淳二は有名な工業デザイナーというもう1つの顔を持つ。むしろそっちが本業で過去には「車どめ」や「バーコードリーダー」、新幹線の「検札機」などを手がけている。

「車どめ」はグッドデザイン賞(公共空間用設備器具部門)も受賞しておりそのほかは、飲食店の建物のデザインなどを手がける。その謎の人物像から意外な一面が見られ驚いている人も多いだろう。
「車どめ」の型番には「JI-○○」と付く物が多くおそらくInagawa Junjiの頭文字から取ったと思われる。

また、奥さんとは20年以上も別居しておりどこに居るのかを把握していないという。それ怪談話より怖いよ……。
稲川淳二のデザインの話は業界では有名な話だとか。


※画像はNHK『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』公式サイトより
http://www4.nhk.or.jp/switch-int/x/2014-09-06/31/21336/

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP