ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イチオシ作品は?ガンダム世論調査

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世代を超えて愛される名作とはいえ「ガンダムと言われてもピンとこない」――20代以下だとそんな人も少なくないようだ。実は、今年6月に行ったR25の調査でも、20代男性の51%が「ガンダムを知らない」と答えている。ただし、だからといって興味がないとは限らない。“ガンダム未経験者”のなかにも「機会があれば見てみたい」と考えている人はいるだろう。しかし、今年で35周年を誇る長寿シリーズだけに、「どの作品から観ればいいのか分からない」「大人になって今さら見始めて楽めるのか?」と、二の足を踏んでいるケースもあるようだ。そこで、20~30代のガンダムファンにアンケートを行ない、入門にお薦めの作品などを聞いてみた。結果は以下の通り!

【大きな図表や画像をもっと見る】

●R25 ガンダムアンケート
(調査対象:ガンダムを2作品以上見ている20~30代の社会人男性225人 調査期間:2014年8月16~17日 協力:ファストアスク)

Q.好きなロボットアニメシリーズはなに?
(1~3 位を回答。1位3pt、2 位2pt、3 位1ptで集計)

1位 機動戦士ガンダム 385pt
2位 新世紀エヴァンゲリオン 199pt
3位 超時空要塞マクロス 111pt
4位 交響詩篇エウレカセブン 47pt
5位 装甲騎兵ボトムズ 44pt

タイトル数の多さが優位に働いた面もあるだろうが、ロボットアニメのなかでは“別格”といった支持を受けているのは間違いない。未見の人は食わずを嫌いせずに、ぜひ一度ガンダムに触れてみてほしい。では、そんなガンダムの魅力はどこにあるのだろう?

Q.「 ガンダムの魅力」はどこにあると思いますか?
(複数回答)

1位 モビルスーツ、モビルアーマーの造形 71.1%
2位 主人公の成長ドラマ55.1%
3位 勧善懲悪にとどまらないストーリー51.6%
4位 魅力的なライバルの存在48.0%
5位 SF作品として24.0%
6位 世代を超えた共通話題にできる20.4%
7位 女性キャラの可愛さ13.8%
8位 その他3.6%

1位には71.1%の支持を集めて「モビルスーツ、モビルアーマーの造形」が。未見の人がガンダムと聞けば「ロボットが闘うアニメでしょ?」と思うかもしれないが、2位以下にはストーリーやキャラクターに対する支持がしっかりランクイン。「ロボットアニメ」という先入観があっても、そんな“偏見”を十分捨て去る魅力があるわけだ。ちなみに、ファンのみなさんに一番ハマったころを聞いてみると…。

Q.ガンダムシリーズの作品に一番ハマったのは何歳ごろですか?

10歳未満 6.7%
10代 26.0%
20代 23.6%
30代 3.1%
無回答 10.6%

10 代が過半数を占めたのは当然として、注目は20代以降の数字。“大人にもオススメ”という人は多いが、実際に自分が大人になってからハマった人が27%近くもいるわけだ。では、実際どの作品から観ればいいのか。最後に聞いてみた結果は…。

Q.初めてガンダムシリーズを見る人に薦めたい作品は?
(直球すぎる第1作の『機動戦士ガンダム』以外で回答いただきました)
1位 機動戦士Z ガンダム 31.1%
2 位 機動戦士ガンダムSEED 17.3%
3 位 機動戦士ガンダムUC 6.2%
4 位 SDガンダム    5.3%
5 位 機動戦士ガンダムZZ 4.9%

1位の『機動戦士Z ガンダム』には、「登場する人物やモビルスーツが多く、見ていて楽しいと思う」「ガンダムの基礎がわかる」などの声が。2位の『機動戦士ガンダムSEED』については、「正統派で映像もきれい」「有名かつ壮大なストーリーはガンダムシリーズの魅力満載だから」とファンが熱いコメント。3位『機動戦士ガンダムUC』にも、「現代風で見やすい」「比較的最近の作品でストーリーもわかりやすい」といった声が挙げられた。

未見の人もファンの人も、秋の夜長にガンダムの世界に触れてみてはいかが?
(R25編集部)

イチオシ作品は?ガンダム世論調査はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「ガンダム知らず」20代が5割?
『ガンダムさん』日曜定番なるか?
涙は必至?「中年ロボットアニメ」
『ベルばら』を女子と語るカンペ
好感度UPの“ジャニカン”カンペ

カテゴリー : エンタメ タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP