ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性銀行員 家族を大切にしている人はたくさん貯金がある

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 お金を貯める上で重要なのが出費についての考え方。思わずやってしまうのが、「安売りチラシを見比べる」「お昼をコンビニ弁当で済ます」「セットメニューを頼む」など。しかしそんな出費の仕方ではお金が貯まらないと語るのは、現役女性銀行員の皆さま。彼女たちは何を見て、何を考えてお金を貯めているのだろうか。

【座談会参加者】

A子さん(30才)大手都市銀行勤務。総合職・未婚。

B美さん(33才)信用金庫勤務。一般職・既婚。

C代さん(35才)信託銀行勤務。総合職・未婚。

A子:入行して最初の給与明細をもらった時、私、“え~、この金額でみんな、どうやってやりくりしてるの!?”って思っちゃった。だって、20万円くらいじゃないですか、お給料。残業代だってほとんどないわけだし。

 でも、年の近い先輩社員がロレックスの時計を持ってたり、ブランドものの財布を持ってるから、みんな株とかFXとかやってるのかなって。

B美:そうそう。でも、投資してる人なんてほとんどいないんですよね。みんな地道に貯めてる。

C代:まあ、あんなにセコけりゃね(笑い)。歓迎会だと言われて飲みにいったのに、お金払わされたもん。その時はもちろん上司のほうが多く払ってたけど、帰り際に、“いつもはちゃんと割り勘だからね”って、しっかり釘をさされた(笑い)。

A子:割り勘は当たり前だけど、そもそも行員ってほとんど飲みにいかないですよね。先輩後輩で2人とかはあるけど、部署内で飲みにいくとかはめったにない。

B美:羽目を外して飲みすぎる人もいないし、みんな早く帰りたい人ばっかり。タクシーはもちろん、“終電も混むから嫌だ”って。みんなあっさりしてますよね。

C代:結婚してる男性行員はみんな真っ直ぐ帰って、奥さんの手料理食べてる。まぁ、それがいちばんお金が貯まるのよね。家族を大切にしてる人はみんな、たくさん貯金がある。

B美:無駄がないのよね。食事に限らず、みんなでリビングにいれば冷暖房もテレビもその部屋だけで済む。

A子:私の上司が、“家族の仲がいい家庭には、お金を貸しても大丈夫”と言っていたのは、それが理由だったんですね!

C代:そうそう。旅行だってそれぞれで行くより、一緒に行った方が安く済むし、貯金も家族で協力し合った方が、上手くいくに決まってる。

B美:旅行といえば、行員ってボーナスで海外に行く行員って多いですよね。

A子:部署にもよるけど、まとまった休みが取れますからね。使う時には一気に使う人が多い。

C代:メリハリをつけるのが上手なのよね。買い物も消耗品にはお金をかけないで、本当に自分の好きなことにだけお金を使う人がほとんどよね。

A子:そうなんです! “ロレックス先輩”はファッション以外には全然お金を使ってなくて、お昼ご飯も抜いてるくらい。

B美:(笑い)。私は洋服にこだわりがないから、私服はファストファッションかリサイクルショップ。台所回りの消耗品は全部100円ショップにしています。でもその分、家の家具や食器はアンティークのものを買ってるなあ。

A子:男性行員もインナーはセールで大人買いするけど、靴下はお客さまの家で靴を脱いだ時に安物だとちょっと、というので、いい物を履くという人がいました。

C代 男の人で靴下や財布にこだわる人は結構多いよね。小銭入れと札入れを別に持つとか…。

※女性セブン2014年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元都銀、外資系銀行マンが給料や求める人材について綴った本
お金を大事にする方法 「1円玉が落ちていたら拾う」人も
アパホテル社長「皆が幸せになるためお金使うので貯金ゼロ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP