ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国で大成功の歴史時代劇 背景に歴史塗り替え願望史観あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本では時代劇の衰退が言われて久しいが、韓国では大成功を収めている。ところが、その韓国ドラマの時代劇は歴史的にデタラメだと批判も多い。『時代考証学ことはじめ』などの著書がある編集プロダクション三猿舎代表・安田清人氏が解説する。

 * * *

 韓国で大成功を収めた歴史時代劇だが、ちまたでは、歴史的にはまったくデタラメな内容ばかりだとの批判が高まっている。昨年11月、『朝日新聞』に連載された「歴史とドラマの間(はざま)──時代考証の世界」という記事の第1回冒頭でも「韓流ドラマ」について言及。韓国の淑明(スンミョン)女子大の蔡今錫(チエグムソツク)教授(服飾学)や東京芸術大学の植村幸生教授(民俗音楽学)のコメントを紹介している。

 俎上にのせたのはNHK-BSや総合テレビなどで放送された『宮廷女官 チャングムの誓い』と、これもまたNHK-BSプレミアムで当時放送中だった『馬医(ばい)』というドラマで、劇中に登場する衣裳と音楽様式が、いずれも「事実と違う」「時代が合わない」ものだったと結論づけている。

 韓国批判論者としても知られる作家の豊田有恒(ありつね)氏は、韓国ブームの遥か昔からの韓国通で、自ら日韓の古代史を研究し、両国民の友好を願って文筆活動をしてきた。そんな豊田氏だからこそ、近年の韓国の日本批判や、韓国政府の対応に強い不満と異論を唱え、ついに批判の矛先は韓流ドラマにまで及んだ。

 豊田氏は、とくに自らの関心に近い、古代を舞台とする韓国ドラマを取り上げて、それらのほとんどが、わずかな文献で出てくる断片的な記述(史実)をもとに、まったくのフィクションで膨大な肉付けをして、伝奇ファンタジー的な物語を構築してしまうパターンだと指摘。

 

 もちろん豊田氏自身、小説家であるので、フィクションだからイケナイなどとは言わない。むしろCGを使って、神話や伝説をこういう映像表現にした方が面白かったのでは? と意見したりもする。

 問題は、そのフィクション化の背景に、「自分たちの国や民族はこうあって欲しかった」という「歴史塗り替え願望史観」があることだという。つまり、自国に不利な歴史、不名誉な出来事は見ないようにして、場合によっては歴史を捻じ曲げて理解してしまう傾向があるということだ。

 もちろん、自国の歴史をよく見せたいという欲求は、あらゆる民族・国家にあるだろう。しかし、韓国の場合は極端で、映画やテレビドラマだから許されるというレベルではない。韓国人自身が、こうしたドラマを真に受けて誤った歴史理解をし、さらにその韓流ドラマが日本でも人気を博すことで、誤解が日本人にも広がってしまう。豊田氏はその危険を指摘しているのだ(『本当は怖い韓国の歴史』祥伝社新書など)。

 江戸町奉行の大岡越前が人情味あふれる名判官(はんがん)だったり、8代将軍徳川吉宗(よしむね)が庶民生活にも通じた庶民的な名君だったとするわが邦の人気時代劇も、もちろんまったくの創作だし、為政者や政治家にはこうあって欲しいという願望の反映でもあろう。その意味では韓国の歴史・時代劇を一方的に裁断すべきではない。

 歴史認識や歴史教育の問題と、フィクションとしての歴史・時代劇は分けて考えるべきで、それぞれの価値はつねに固有のものとして尊重されるべきだ。

 

 しかし立場を変えて、日本が古代から朝鮮半島を完全に支配していたとか、朝鮮王朝の祖である李成桂(イソンゲ)は実は日本の後醍醐(ごだいご)天皇のご落胤だったという物語を作ったとしよう。いくらフィクションだからと断っても、「日本人は歴史を捏造(ねつぞう)する民族」だと韓国人が激昂するのは目に見えているし、国際問題にもなりかねない。

 

 歴史・時代劇を作る場合、それが民族の自意識やアイデンティティと関わってくるならば、物語の及ぼす影響、反響を無視した創作は非常に難しいということも、また事実なのだ。

※週刊ポスト2014年9月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓流時代劇にハマり廃人寸前の漫画家が語る「ここがツボ!」
チャン・グンソク『花より男子』の出演オファーを蹴っていた
大河ドラマの「時代考証」具体的にどんな仕事をしているのか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。