ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

使用者増加中の布ナプキン 経血量減少し生理痛緩和の報告も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東日本大震災を機に、使用者が増加した布ナプキン。エコの観点から「ゴミを減らせる」と話題になったが、それ以上に「一度使い始めたら、快調で手放せない!」という声も。その人気の秘密とはいったいなんだろうか?

「生理が始まったとたん、ひどい吐き気に見舞われ、体はぶるぶる震えが止まりませんでした。高校生の頃は、鉛筆を持つ手が震えて、テストを受けるどころじゃなくて。

 冷えるだけでなく、体温調節そのものがうまくいかなくなっていたんです。ただただ、冷たい床に体を押しつけて、熱逃しをしなければならない日もありました」

 こう話すのは、A子さん(27才・会社員)。長年、ひどい生理痛に悩まされてきた壮絶な経験を語る。しかし、5年ほど前、そんな生活が一変した。

「生理痛がひどいときは、どうしても薬に頼らざるをえませんでした。それが布ナプキンに変えたとたん、冷えも痛みもなくなり、今日まで一度も薬をのんだことはありません」(A子さん)

 A子さんのように、ひどい生理痛に悩んだ末、布ナプキンに切り替える人が増えていると話すのが、純オーガニック布ナプキンブランド『メイド・イン・アース』の前田けいこさん。

「ここ5~6年は、売上額が年平均2割ほど増えています。昨今のオーガニックブームやナチュラル志向が定着したことも手伝って、“体にいい物を身につけたい”という意識が広く浸透してきたようです」(前田さん)

 実際には、布ナプキンにどんな良さがあるのか。更年期障害や月経困難症など、女性の心身の悩みに向き合う『ポレポレクリニック』院長で心療内科医の辻内優子さんに聞いた。

「私自身も布ナプキンの愛用者です。もともと肌が弱くてかぶれやすく、紙ナプキンだとかゆみが出るので、必要に迫られて布ナプキンを使い始めたのがきっかけです。布ナプキンに変えたとたん、かゆみや肌荒れの症状が出なくなりました。仕事で長時間トイレに行けないこともあるので、量が多い日は、紙ナプキンと併用しています。

 私の場合、量が少なくなっても紙ナプキンを使い続けると肌の炎症が悪化してしまうので、量が減ったら布ナプキンに切り替えるようにしています」

 辻内さんのクリニックでは布ナプキンを展示。直に触れてもらって、興味のある人には、正しい使い方や扱い方の説明も行っている。

「布ナプキンに変えて経血量が少なくなったという人や、生理痛が軽減したという人もいます。なかには、ぽかぽかと温かく感じられて、冷え症が改善されたように感じるといった意見もあります。

 紙ナプキンの高分子ポリマーは、水分を吸収すると同時に熱を奪う性質があることがわかっています。科学的根拠がまだないので証明できませんが、それが理由で布ナプキンのほうが温かく感じるのかもしれません。また、布を直接陰部にあてて温めるため、そうしたことからも、冷えに有効ではないかと考えられます」(辻内さん)

※女性セブン2014年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
現代女性の尿漏れ 出産、肥満、加齢、ストレスなどが原因
40代以上女性1/3が尿もれ経験有 ケア商品市場2桁成長続く
後頭部の毛を抜き植毛するも朝起きたら出血 まるで惨殺死体

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP