ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性のセクハラ 下ネタに反応するか否かで部下の忠誠心試す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本スケート連盟会長の橋本聖子参議院議員が男子フィギュアスケート高橋大輔選手に「無理チュー」したと報じられ騒動に発展。「パワハラ、セクハラとは思わなかった」と高橋選手はかばったが、男性からは「(上司のような存在なだけに)嫌だったとは言えないよな」という声が聞こえてくる。

 このケースに限らず、女性から男性への逆セクハラは意外に多い。2012年には22~36才の男性のうちセクハラにあった経験があると答えたのは4分の1にも上るという。(労働問題に詳しい弁護士の戸塚美砂さんが2666人を対象にした調査結果)

 職場で下ネタを連発する女性上司も少なくない。ノンフィクション作家の衿野未矢さんが取材したなかには、こんなケースがあったという。

「メーカーに勤務する40代前半の既婚女性が、30代後半の男性の部下に飲み会でいつも『私は夫と週○回。あなたは? まさかセックスレス?』としつこく聞くのだそうです。彼女は課長職についていることを誇りに思っていて、部下の忠誠を試すような感覚なんですね。自分の下ネタに対して、その部下がきちんと対応するかどうか。同時に彼女は年齢より若く見られたくて、年下の部下が自分を女として見ているかどうかも気にしています」(衿野さん)

 そうしたセクハラを受けながらも、男性側は職場でそのことを問題にしないケースがほとんどだ。戸塚さんが言う。

「男性の場合、誰に相談していいかわからない、相談しても相手にしてもらえないという思いから、諦めているようなところがある。女性からセクハラ被害を受けていることを認めることは、プライドが許さないという男性もいます。だから女性から男性へのセクハラは表沙汰になりにくいんです」

 裁判になったケースとしては2002年、大阪府の当時40代の男性郵便局員が「同僚の女性職員に浴室で裸を見られた」として、日本郵政公社と女性に約4400万円の損害賠償を求める訴訟を起こした例がある。一審では日本郵政公社に慰謝料など15万円の支払いを命じたが、二審では一審の判決は取り消され男性の請求は棄却された。

※女性セブン2014年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
女性の肩を叩いて励ました上司 セクハラと告発され自主退職
男性は女性からのセクハラに口を閉ざす傾向 悩む男性多いか
約25%の男性が職場で女性上司からセクハラ被害 圧倒的に20代

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP