ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

精神障害克服へ。自助グループが果たす役割

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事、子育て、精神障害、様々な自助グループが形成

同じ状況にある人たちが共通の問題から回復するため、自身の体験を分かち合いながら互いに支え合う「自助グループ」。薬物、酒、ギャンブルなどのアディクション(依存)から脱するためのグループがよく知られていますが、最近では、仕事、子育て、うつ病に代表される精神障害など、様々な自助グループが形成されています。また、福岡市では、痴漢や盗撮などの性犯罪の加害者になることもある「性依存症(性強迫症)」の人のための自助グループが活動をしています。

自助グループの基本は否定や肯定の会議ではなく、「聞きっぱなし・言いっぱなし」というものです。参加者の心にどのような影響を与えるのでしょうか?

孤立から開放され、問題解決のスタート地点に立つきっかけに

最も大きな心理的メリットは「孤立から開放される」ということでしょう。人は、特に目には見えない精神的な問題を抱えたとき、自ずと「自分一人が…」「何で私だけ…」と孤立感を覚え、前向きな思考が働かず負の連鎖を呼ぶことが多くあります。また、同じ状況に無い人からの言葉や励ましには「どうせわからないでしょ」と、相手を自ら排除する思考に進んでしまうことも少なくありません。

そんな時、同じ境遇を持つ他人、また、今の自分と同じ状況から脱した他人の話を聞くことは、「自分だけじゃない」「私にもできるかも」「こんなやり方があった」と、安心感や連帯感、そして勇気など、問題解決のスタート地点に立つきっかけに大きな役割を持つと考えます。

自助グループは「わかってもらうだけの場所」ではない

ただ、この自助会には「傷の舐め合いでは?」と否定的な意見を持つ人もいるのも事実です。自助会を傷の舐め合いの場にするのか、また、前向きな解決の場にするのかについては、もう一つの大切なキーワードが鍵を握っていると私は考えます。

自助グループは「わかってもらうだけの場所」ではありません。「わかり合い、支え合い、そして、いつか独り立ちを実現する場所である」。そのような意思を心の隅に持って参加することが必要でしょう。ただ、もちろん、はじめは「わかってほしい」という気持ちだけで十分です。

わかり合えば、孤立感から脱出できます。支え合えば、連帯会を生みつつ、自身の経験が他の役に立てば、自己肯定感や自信・やる気にもつながります。いつか独り立ちしようと思えば、自分の未来に目が向いていきます。

どんな悩みや問題も、今はあなたを苦しめるだけのものかもしれません。しかし、いずれは自身を成長させ、他も救ってあげられる貴重な経験かもしれないのです。自助グループならず、その悩みや問題を一人で抱えず できるだけ早めに共有してみてはいかがでしょうか?

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP