ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

円型ディスプレイのAndroid Wearスマートウォッチ「Moto 360が米国で発売開始、一部では既に売り切れ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の Google Play ストアなどで Motorola 初の Android Wear スマートウォッチ「Moto 360」が発売されました。米国では Google Play ストア以外、Motorola 直販サイトや Best Buy も取り扱っていますが、店舗によっては既に売切れ状態となっているそうで、他の Android Wear 製品に比べて人気があるようです(在庫数の関係でそうなっているのかも)。Moto 360 は、Android Wear スマートウォッチで初めて円型のディスプレイを採用した製品です。直径 46mm × 厚さ 11mm のメタルフレームを採用した筐体に、1.56 インチ320 x 290 ピクセルの IPS 液晶、TI OMAP 3 プロセッサ、512MB RAM、4GB ROM、320mAh バッテリーなどを搭載しています。この機種の特徴は、円型ディスプレイであることやその合わせて Android Wear の UI がラウンド形状に変わって表示される独特な外観、ライトセンサーで輝度の自動調節が可能なところ、ワイヤレス充電に対応しているところです。また、Android Wear を搭載しているので、Android 4.3 以上を搭載した端末なら基本的に利用できます。本日発売された Moto 360 のラインアップは本体ベゼルのカラーリング別にブラックとグレーの 2 色。リストバンドはレザー素材が使用されています。価格はどちらも $249 (約 26,100 円)です。Source : Google Playストア


(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei Japan、MediaPad X1 7.0 “ダイヤモンドブラック”とMediaPad M1 8.0“チタニウムグレー”を9月12日に発売
Google、年内に提供するAndorid Wearの新機能の一部を発表
Xperia Z3が2K / WQHDではなくフルHDディスプレイを採用した理由、Xperia Z4で採用される可能性も

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP