ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

​シンガー・ユニット:Bitter & Sweetが「誰にもナイショ」にしてる事とは……!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キーボード&ヴォーカルの田崎あさひ、ヴォーカルの長谷川萌美によるユニット「Bitter & Sweet」。モーニング娘。’14や森高千里などが所属する、アップフロント発のグループである。

2013年に結成され、今年から本格的な活動をスタート。3月には「Bitter & Sweet/インストール」をリリースし、元モーニング娘。の田中れいな率いるバンド:LoVendoЯと共に全国ツアー『LoVendoЯ LIVE TOUR 2014 SprinteЯ 〜Bitter&Sweet〜」に参加。今夏は「TOKYO IDOL FESTIVAL 14」にも登場するなど、ライヴを通して現在成長中のグループである(このインタビュー時も、9連戦ライヴの最終日)。

長谷川「今年の夏は本当にライヴが多かったですね。だから、常に次のライヴを考えてる感じでした。ライヴは今の自分達を等身大で見せる場所かなって思ってます。最初はよく見せようと思いすぎて、緊張してしまった部分があったんですが、今はもっと、現在の、そのままの自分達を見せる場所かなって思うし、そういうライヴが出来ればなって」

田崎「LoVendoЯさんとのライヴは、生バンドと一緒のライヴだったので、その中でどう見せるか、何を大切にするかを学べましたね。そして、ライヴ9連戦は、この二人だけのライヴだったので、この二人で何が表現出来るのかっていう、もっとベーシックで大切なモノを見つける為の時間だったなって。同時に、聴いてくださった方の、気持ちを動かしたいって改めて思いました。人の心って、どんな荷物よりも重いと思うんですよね。それを、歌で動かしたい。私も、歌で心を動かされてきたし、それでこの世界を目指したから、私達もそういう歌を唄いたいんですよね。だから一回一回のライヴを大切にしたいって思ってます」

そして9月3日にニュー・シングルとなる「誰にもナイショ/月蝕」をリリースした彼女達。

長谷川「”誰にもナイショ”は女の子らしいドキドキ感のある歌詞で、メロディはポップな部分が強くて。フリも手振りがあったりして、スゴくライヴで盛り上がる曲になってますね。ミュージック・ビデオも楽しんで欲しいです」

田崎「とても機械的なサウンドなんで、どうやって私達の生身の声を合わせればいいのかなって、最初はちょっと悩んで」

○機械的……いわゆる四つ打ち/ポップ・エレクトロという感じですね。

田崎「そうやって言うんですね!これからそう話します(笑)。でも、歌詞のドキドキ感を、ライヴの時にも、会場の皆さんに届くと良いなって思って歌ってます」

一方の”月蝕”は抽象性の高い内容で、”誰にもナイショ”とはガラッとカラーの違う一曲。

長谷川「一人の女性が失恋して、そこでの感情を描いた曲なんですけど、孤独とか後悔を、『世界と個人』の関係で対比してて、とっても抽象だけど、聴いてるうちに伝わって来るくるだなって」

田崎「最初は理解するのがスゴく難しくて、何回も何回も歌詞について考えて。でも、色んな読み取り方を想像したり、理解したり出来る曲だって分かってから、スッと入り込みやすく、歌いやすくなりましたね。大好きな曲です」

最後に、二人が「誰にもナイショ」にしてる事とは?

長谷川「Bitter & Sweetがメジャー・デビューできるまで、あさひちゃんは『アイス断ち』をしてるんですよ。だけど、私はあさひちゃんのいない所で、アイスを食べました、この夏(笑)」

田崎「最近、ずっと一緒にいたのに、いつの間にか食べたみたいで」

長谷川「あさひちゃんの前では流石に悪いんで、こそっと食べました(笑)」

田崎「実は、は虫類が大好きなんですよ。秘密じゃなかったんですけど、言う機会がなくて。もともと、恐竜とかが好きだったんですよ。今は一番好きな動物は、ヘビですね。あのつぶらな瞳と、ぺろぺろって出る舌が可愛くて。首に巻いた時があるんですけど、あのスベスベした感触も大好きです」

長谷川「え~!?(笑)」

田崎「飼ってみたいですね(笑)。ヘビは目が悪くて、舌で色んな情報を舌で感知して、それで……(以下、ヘビ情報続くが省略)」

【動画】http://youtu.be/Oarse25KeVY

構成:高木”JET”晋一郎

<シングル・クレジット>

Bitter & Sweet 「誰にもナイショ/月蝕」

ディスク:1(DVD)

1. 誰にもナイショ (Music Video)

2. 月蝕 (Music Video)

ディスク:2(CD)

1. 誰にもナイショ

2. 月蝕

3. 誰にもナイショ (Instrumental)

4. 月蝕 (Instrumental)

<Bitter & Sweetプロフィール>

『第2回FOREST AWARD NEW FACE オーディション』にてグランプリ獲得し、ソロアーティストとして活動していた田﨑あさひが、『第3回FOREST AWARD NEW FACE オーディション』グランプリを獲得した長谷川萌美と結成したユニット。 彼女らの特徴である透明感あふれる歌声を持った2人の声が混ざり合う2人組ユニットとしての活動を行い、さらなる将来の可能性を持ったアーティストとして期待されている。 【Bitter&Sweetとは】 直訳すると、「苦さと甘さ」。全く逆の対義語ではあるが、実は「ほろ苦い」という合わせもった意味も持つ。 時には全く別の個性を見せる時もあれば、時には2人が混じると全く違った一面も見せるといった意味合いを持つネーミングである。 生まれ・育ちや好きな音楽も違う2人の個性がぶつかり合って生み出す音楽に、様々な味や色を持つ彼女らの歌声で表現する音楽ユニットである。

■参照リンク

Bitter & Sweet ”誰にもナイショ”

https://www.youtube.com/watch?v=BkvZWnWz2ZI/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP