ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宿代を1000円以上安くする方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏休みが終わりを迎えたばかりだが、早くも9月の連休が待ち遠しいところ。秋の行楽シーズンに向けて旅の計画を練っている人も少なくないだろう。

【画像や図表を見る】

そんな人に耳よりの新サービスが9月5日にスタートした。auが宿泊予約サイト「一休.com」「relux」と提携し、「auスマートパス」会員向けにお得な「割引&ポイント還元」サービスを開始したのだ。会員向けの予約ページ「旅・宿泊」コーナーを通じて「一休.com」「relux」掲載プランの宿泊予約をすると、以下2つのお得が手に入る。
(1)宿代が常に1000円以上割引になる
(2)auの「WALLET ポイント」が通常店舗で利用した場合の10倍(※ポイント還元率5%)得られる上、「一休.com」のポイントも“二重取り”できる
(※「一休.com」掲載宿を9月30日までに予約した場合。200円で10ポイント。1ポイント=1円相当で利用可能。「relux」とのポイント連携は今冬開始予定でポイント還元率は未定)

昨今、宿の予約は宿泊予約サイトを利用する人が一般的だが、「じゃらんnet」や「楽天トラベル」など、どのサイトを利用するかは迷いどころ。各サイトを見比べると、予約可能な宿やプランは微妙に異なるが、やはり気になるのは「宿代」と「ポイント還元率」。どのサイトで予約してもプラン内容がほぼ変わらなければ、少しでも宿代が安く、ポイント還元率の高い方を選びたいもの。旅は決して安い買い物ではないので、数%のポイントでもバカにならない。

その点、同サービスはかなり太っ腹だ。仮に今回のサービスを利用して1泊1万6000円の宿を「一休.com」で予約して、1000円の割引が適用されたとすると、1泊1万5000円になる上、「WALLET」ポイントが750ポイント(1万5000円×5%)貯まる。1000円の割引も事実上の“ポイント還元”と捉えれば、1万6000円の利用で1750円分が還元(ポイント還元率=約10.9%)されることになる。単純比較はできないが、一般的な宿泊予約サイトのポイント還元率が通常1~2%であることを考えれば、かなりの大盤振る舞いだ。さらに、同サイトを通じて「一休.com」掲載宿を予約した場合、「一休.com」が独自で展開するポイント(※通常1%)もWで獲得できるため、おトク度はさらに高まる。

もちろん、「auスマートパス」は月額401円(税込)の有料制会員サービスなので、「じゃらんnet」や「楽天トラベル」とは事情が異なる。が、その分、「アプリ使い放題」や「クーポン配信」「映画代割引」」などお得なサービスを幅広く受けられるので、月額401円を投資しても、それを上回るおトクをゲットできる可能性は高いだろう。

しかも今回、9月5日~18日までは先着1000名に限り、「5000円割引」のキャンペーンも展開されるので、この秋、お出かけ予定の人はますます見逃せない。5000円割引となれば、それだけで1年分の会費4812円がチャラになってお釣りがくる。auユーザーなら、「auスマートパス」会員になる絶好のチャンスだ。のみならず、他キャリアのユーザーにとっても、“乗り換え”を検討する際の有力な判断材料になる。

数ある定額制サービスのなかでも、これだけリアルな“おトク”が充実しているサービスはめったにない。会員数1100万人という圧倒的な規模がなによりの証拠だろう。auの新サービス、要注目だ。
(永代渡/考務店)
(R25編集部)

宿代を1000円以上安くする方法はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

iPhone6発表直前の噂まとめ
「iPhone6」注目の噂まとめ
巷で噂のキャラ「デジラ」の正体
最新スマホのイチオシ機種は?
夏休みをお得に楽しむ裏ワザ5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP