ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いつもお世話になっているマンション管理員さんのお仕事に迫る!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

分譲マンションは管理が命! 多くの分譲マンションには、管理員やコンシェルジュが置かれ、マンション内のさまざまな業務を行っている。しかし、普段お世話になっていることは分かっていても、管理員さんの業務についてあまり知らない。

そこで今回は、マンション管理事業を手掛ける株式会社大京アステージの協力をいただき、都内マンションの管理員の方にお話を伺った。まずは、一日の業務の一例を教えていただいた。「朝はゴミ出しから始まります。ゴミ収集の時間によっては、始業時間より早く出勤することもありますね。午前中には、マンション内の巡回業務を行うほか、清掃業務があります。特にエントランス、エレベーター前など、多くの人が通る部分を重点的に掃除します。午後は管理事務室に詰めて事務作業をしながら、午前に引き続き2度目の巡回をします」

アプローチに植栽された樹々も、季節を過ぎれば花や葉が大量に落ちてその場を汚してしまう。その清掃をこまめに行うことで、アプローチや共用部分が美しく保たれているのだ。次に、日々の業務でのトラブルを聞いてみた。「トラブルと言っても、騒音やペットの飼い方などの話で、まだ大きな問題は起きていませんね。でも、一階のお宅の庭に、大きなスズメバチの巣ができていたのには驚きました。その日のうちに区役所に連絡して撤去してもらいましたが、それまでは誰も気付かなかったんです」

大京アステージには、全国に約5000人ものマンション管理員がいるそうで、発生したトラブルや留意しなければならない事例については、一斉メールで情報共有を図り、再発防止に努めているそうだ。また、管理エリアごとに定期的(概ね年6回)に研修を開き、対応方法を学んでいるそうだ。

そういえば今年の2月には、前例のないほどの大雪が降った。そんなときでも管理員が率先して、アプローチや玄関付近の雪かきを行ったそうだ。住人が快適に、普段どおり暮らせるようにというこの心配り。機会を見つけて、管理員さんと挨拶を交わしたり、声を掛け合ったりすれば、マンション生活もより楽しくなるかもしれない。●取材協力
株式会社大京アステージ
HP:http://www.daikyo-astage.co.jp/
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/09/05/68869/

【住まいに関する関連記事】イザという時の避難設備、その使い方や特徴は?
注目の湾岸タワー「プラウドタワー東雲キャナルコート」が11月下旬から販売開始予定
マンションコンシェルジュとは?管理人さんと違うの?
【今週の住活トピック】震災後に変化あり! マンション購入の主導権は夫?妻?
契約の条件は地域活動への参加 学生専用マンション「ワテラス」とは?

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP