ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「アル中」グラドル 飲め過ぎるが故の男からの偏見に悩む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2013年、TBSラジオに泥酔して出演し、暴言を吐きまくった結果追放処分をくらった編集者の中川淳一郎氏。その頃の中性脂肪の値は744(基本値:35~149)、ガンマGT370(同75以下)という異常値を叩き出し、その後、禁酒に励んだものの「アル中」の評は今もネットに残ったまま。そんな中、「私も(深刻ではありませんが)アル中です」と名乗り出たのがグラビアアイドルの八幡愛さん(27)。

 この二人が酒の魅力とお酒の作法について語り合いました。

中川:酒飲みと言われるリスクはないんですか? つーか、今回こんな対談出て大丈夫ですか?

八幡:私は中川さんとアル中対談するのが夢でしたので!(笑)。私のビールに対する深い愛情を理解できるのは中川さんしかいないかもしれません(笑)。酒飲みと言われるリスクは、やはり女特有のことかもしれませんが、酒を飲むからだらしないとか、ガードがゆるいとか勝手に思われ、それを元に勘違いされることが多いです。

中川:口説かれることは?

八幡:口説かれるというか、「あなたの前でお酒をたくさん飲むのは好意があるとかそういうのじゃなくて、純粋に私は酒が好きなんですけど」って突っ込みたくなるというか、「酒飲んだ流れでヤッていい」と履き違える男が多すぎなんだと思います。私、本当にお酒が好きなんですよ。そうなったら男の人って「じゃあ、強いんだ、じゃあ飲めよ!飲めよ!(酔えよ)」ってなりがちですよね。

中川:生物学的に、多分、男の方が女よりも飲める分量は多いですよね。

八幡:飲み続ければ男の方が強い。これってなんなのですかねぇ? なんか、お酒に、男女の関係ばかり皆が求めていると思います。それってお酒を愛していないな、と思うんですよね。もちろん、そういう飲み方をする女の子もいるんだと思います。「お酒の力を借りてはっちゃけちゃった、テヘッ」「酔っ払ってたからいいや、テヘ(ハート)」みたいに、ご乱心を正当化する。

 そこで私は言いたい! 「酒が好きなんだったら、そこはわきまえて飲め! 本当に、私みたいな酒好きが迷惑を受ける!」と。そういうテへペロ女が多いので、「あたしお酒好きなんです」と言ったら、そういうエロい方向に持っていこうとする人が多いのには本当に辟易しています。

中川:酒が好きな女=淫乱な女、という図式を持っている男が多いってことですね。

八幡:あわよくば、という人が多いと感じています。もしかしたら「女とお酒」という組み合わせが世間的にそういう認識になるのかもしれないですね。でも、いかに酔っぱらっていても、こっちはしっかりしているんだゾ! と言いたいです。

中川:そういう場でのトラブルを避けるためにも飲まないのが正しいんじゃないですかね? 

八幡:なので、それを避けるために私は一人で飲むようにしています。それが一番平和じゃないですか。女友達と飲むことも好きなんですが、私のペースではないし。ただ、ある程度ペースを合わせなくてはいけないんで、みんなと同じ感じに仕上げるべく、私は先に酒を家で仕込んでおいてから飲み会に臨むんです。

中川:酒飲みは気遣いってことですよね、ウヒヒ。

八幡:そうなんです! 自分勝手ではなく、めっちゃ周りのこと考えてるんですよ、酒飲みは。別に私だってビッチでもないですし、だらしないわけでもないし、パーティが好きなわけでもありませんよ。それなのに、酒を飲むだけでそんな女だと思われるのは心外です。

中川:これは由々しき差別だなァ。オレも含めて男がいくら酒飲もうが知人からは「体を大事にしてね……」なんて優しく言われるか、ネットでは「アル中男くたばれ」とか「麦酒野郎死ね」とか罵倒される程度で、性的なものはないなぁ。それにしても、「中川さんをガンガン飲ませて今夜はウフフになるかしら(ハート)」なんて経験ねぇぞ!

八幡:ちなみに八幡家は、お酒で失敗している家系です。おじいちゃんもお父さんも、お酒が飲めません。弟たちも飲めません。突如として私だけが飲めるんです。「八幡」というだけに、ある程度は由緒がある家だったようですが、何代か前のアル中の先祖が、その家系図を酒が飲みたいがために売ってしまったんですよ!

中川:どんだけそいつ、カネ欲しいんだよ!

八幡:それ以降、祟りになって八幡家は飲めない家系になったんです。でも突如として、私がお酒を飲めるから、気を付けるようにしていますよ。だって、家系図を売るという言語道断なことをした先祖の生まれ変わりなの、愛ちゃんは? みたいな話になってきますよね。

中川:ガハハハハハ。家系図売っちゃダメですよ。

八幡:もうないです! 売るものありません! しかも、八幡家は今や一家離散しているんです。父親が年上の占い師と一緒に母親を呪い殺そうとしたりしてね。結局母も離婚裁判の進め方を知らない状態だったので私が間に入りました。去年ようやく解決できましたが。

中川:おっ、オレたち、今日この1時間で大瓶6本飲んでますよ。じゃあ、次は渋谷百軒店のバーに行きますかね。

八幡:行きましょう! そこ、どんなお酒があるのですか?

中川:基本はウイスキー。飲み方は何でもOK。

八幡:じゃあ、行くぞ!

【プロフィール】

八幡愛(やはた・あい)1987年生まれ。兵庫県出身。タレント・グラビア・レポーター・MCなど幅広く活動。ビールは毎日2リットル以上飲むビール党。

ブログ:http://ameblo.jp/aiainstein/

Twitter:@aiainstein


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
斎藤佑樹 ダルビッシュと「ドドスコ一気」でビールガブ飲み
下戸の人が角を立てることなくお酒のお土産を断る方法とは
みのもんた氏 一晩で1000万円伝説に「ちょっとオーバー」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP