ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

関根麻里 外ヅラ良いのは当然、外でいいコにするのはマナー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 エッセイ集『上機嫌のわけ』(ワニブックス・1350円)を上梓した関根麻里(29才)。キュッと引き締まった小顔にまん丸の大きな目。テレビで見るのと変わらない、明るい笑顔で現れた関根。一見ほんわかした印象を受けるが、言葉を交わしてみると実に率直で、裏表のないストレートな答えが返ってくる。

 幼稚園から高校までインターナショナルスクールに通ったからだろう、彼女は、日本的で曖昧な言い方でなく、自分の考えをはっきりと表現する。

「小さい頃から世界中の人と触れ合ってきたので、“人は1人1人が違っていて当たり前”という価値観があります。発想や考え方が自分と違っても、その人を否定するようなことはないですね」

 高校卒業後、コミュニケーションの勉強をするため、プログラムが充実している、アメリカ・エマーソン大学に進学。アメリカの大学は卒業するのが難しいとされるが、彼女は3年間ですべての単位を取得し、なんと、首席で卒業した。

「私、ケチなんですよ(笑い)。学費を払っているぶん、何でも吸収してやろうという意気込みが強くて。

 学校の図書館やメディアセンターに頻繁に足を運び、本を読んだり、映画を見たり。夏にはハードなカリキュラムのサマーコースがあって、授業内容は同じなのに、期間も授業料も半分。それも積極的に受講しましたね」

 外国に住んだ経験は彼女の視野を広げ、大きく成長させた。

「実際に住んでみると、文化の違いを感じる場面が多かったですね。日本人は“それ素敵ね”と言われると“いえいえ安物なのよ”などと謙遜しがちですが、同じリアクションをアメリカ人にすると“私の意見を否定するの?”と、言われます。“では、なんて言えばいいの?”と聞くと“サンキューでいいじゃない?”って。“ありがとう”ってすごく素敵な言葉ですよね。だから、それ以来、意識的に使っています。

 もちろん、やわらかい表現や謙遜の文化は日本のよさです。だから、それぞれいいと思える部分をチョイスして、状況に合わせて表現するよう心がけています」

 相手が外国人でも臆することなくコミュニケーションをとり、自分を上手に表現し、成績も優秀だった彼女は、父・関根勤(61才)から「外ヅラ良し子」と呼ばれていたという。もっとも、本人に言わせれば、

「外ヅラがいいのは当然です。外ではいいコでいるのがマナーであり、人づきあいの基本だと思うからです。

 誰かと会うとき、相手に不快な思いをさせてはいけないし、迷惑はかけない。あっ、でも、だからといって、家で不機嫌でいるわけではないんですよ(笑い)」

※女性セブン2014年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
田崎真也が伝授 ビジネスに役立つソムリエの「五感表現力」
「つまらないもの…」等日本特有言い回しの英語表現満載の書
写真家・三好和義氏が屏風に表現した日本の美の象徴・富士山

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。