ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「新福菜館」直伝の味は長野にもあった。長野県長野市の「豊龍」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新福菜館といえば、真っ黒なスープで有名な京都ラーメンのお店。その味を継承したお店は全国各地に点在しているが、長野県長野市にもその名を知られる名店がある。そのお店の名前は、「豊龍」。

お店は長野駅にほど近い商店街にあり、店内も非常に綺麗である。

真っ黒なスープとはいうものの、塩っぱいわけではなく、スープを飲むと醤油を焦がしたような香ばしさとコクがじんわりと口全体に広がる、中毒性のある絶品のラーメンだ。

こちらのお店で人気のラーメンは、やはりチャーシュー麺。真っ黒なスープすら見えなくなるほどのチャーシューが嬉しい。

醤油の香ばしさとコクを極限まで引き出したスープによって、チャーシューのウマミと甘みが絶妙に引き出されている。そしてそのスープと具のパンチのある味に負けない中太ストレート麺。これらの複雑な味のハーモニーを楽しみたい。

さらにこのスープのコクをダイレクトに感じられるメニューがある、それがチャーハンだ。できれば玉のせという生卵を載せたスタイルを注文したい。

醤油スープで味つけられたチャーハンと生卵の甘みが絶妙にマッチし、しっかりとした醤油の味わいと卵の甘みの間から、深いコクの奥ゆきを感じる。

ここまで食べるとお腹いっぱいになりそうだが、もしお腹に余裕があれば注文したいメニューがある、それが煮卵とライスだ。煮卵とライスを組み合わせて、さらにチャーシュー麺のチャーシューをのせる。

そうすれば、自分好みの最高のチャーシュー丼の完成だ。しかもチャーシュー丼のタレは極上の醤油のスープときている。ウマくない訳が無いのだ。

Post: GOTRIP! http://gotrip.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP