ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「3.0+1.0」とは? 波紋を呼ぶ『ヱヴァンゲリヲン:Q』TV放送での謎の予告

DATE:
  • ガジェット通信を≫


EVANGELION:3.0+1.0
9月5日(金)に金曜ロードSHOW!で『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が放送された。

かねてから、公式ブログでは『序』『破』放送時とは違い、「ご期待ください。」と何らかの新発表を匂わせるような文言が書かれており、ファンの間では新情報が発表されるのではとの期待が寄せられていた。

EVANGELION:3.0+1.0

発表されたのは、「NEXT」という文字に続いて陰のついた「EVANGELION:3.0+1.0」という文字のみ。

これは、先日監督の庵野秀明さんが鎌倉鶴岡八幡宮「ぼんぼり祭り」にて飾られたぼんぼりに書かれていた文字と同じもの。ぼんぼりには「無在原点」という文字もあった。

また、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の劇場で公開されたバージョンやDVDに収録されているバージョンでは、「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」というタイトルの作品の公開も示唆されていた。

公開予定だった作品のタイトルが変更になっただけなのか、それとも4部作ではなくさらなる新展開の前触れなのか……!

ネット上では、この思わせぶりなヒントからも、すでに考察合戦が繰り広げられている。

引用元

「3.0+1.0」とは? 波紋を呼ぶ『ヱヴァンゲリヲン:Q』TV放送での謎の予告

関連記事

いま改めて振り返る「エヴァ」劇場版──旧劇場版テレビ放送記念
3週連続『エヴァ新劇場版』放送! 旧劇2作も地上波初登場
貞本版「エヴァ」最終巻、5人のチルドレンが集結した限定カバー公開

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP