ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

発祥は中国? 意外と知らない「十五夜」 の起源と風習

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本の秋の行事と聞いて、思い浮かぶのが「十五夜」。しかしその起源やしきたりについて、深く理解している人は意外と少ないのではないだろうか?

今年の十五夜は、9月8日!

今年の十五夜は本日9月8日! この機会に十五夜のことについて、復習してみよう。

十五夜の起源

十五夜は、別名「中秋の名月」 とも呼ばれ、9月中旬に月を鑑賞する行事として知られる。日本古来の風習という印象が強いが、起源は唐時代の中国で始まった「中秋節」。一年で最も月が美しいとされる旧暦8月15日に、月の丸さにちなんで、豊作や家族円満を願い祝ったそう。日本には平安時代に伝わり、貴族から武士、町民までが十五夜に月見を楽しむようになったとされている。

祝い方・供え物

月見には、鑑賞だけではなく信仰の意味も込められているため、供え物が必須アイテム。月の見える部屋の窓際や縁側、床の間にしばらく供えた後、みんなで、いただく。一度供えた物を食べることで、神様との結びつきが強くなると考えられているそうだ。

供え物には、下記のようなものが挙げられる。

【月見団子】
実った米粉を丸めて、団子として供えたのが起源。豊作祈願や収穫祝いに加え、ものごとの結実や健康、幸福を表す。15個の団子を、皿や盆に、下から9個、4個、2個の順に積み上げて供えるのが一般的。ちなみに中国では、団子のかわりに、満月を表す月餅を供えるそうだ。

【ススキ】
その姿が稲穂と似ていることから、豊作祈願の意味を込めてススキを飾るようになったのが起源とされる。また、ススキの鋭い切り口が魔よけの効果を持つといわれ、供えた後は軒先に吊るす風習もあった。

【秋の七草】
萩(ハギ)、桔梗(キキョウ)、葛(クズ)、撫子(ナデシコ)、尾花(オバナ)、女郎花(オミナエシ)、藤袴(フジバカマ)の7種類の草花を「秋の七草」という。食用とされる春の七草とは異なり、秋の七草は観賞用。季節の訪れを、いち早く知らせてくれるこれらの植物を、ススキと一緒に飾る。

【里芋・果物】
あまり知られていないが、十五夜は芋類の収穫祈願も込められているため、里芋などの芋類を供えると良いとされる。また、この時期に獲れた旬の野菜や果物を一緒に並べることもあるそうだ。特に葡萄などのツル物は、月と人との繋がりが強くなるという、縁起のいいお供えものとのこと。

十三夜とは

十五夜とは別に「十三夜」 という日がある。10月の中旬頃(旧暦では9月13日)に月を鑑賞するもので、こちらは日本固有の風習。十五夜に倣って始まったとされ、秋の収穫祭も兼ねて祝われる。また十五夜に月見をしたら、必ず同じ場所で十三夜にも月見をしないと、「片月見」となり縁起が悪いと信じられていた。ちなみに今年の十三夜は10月6日。

秋の風情を肌で感じられる貴重な風習、「十五夜」。今年の十五夜には、少し部屋の照明を落として、月明かりを楽しみながら、ちょっとした宴を楽しんでみてはいかがだろうか。

(波多野友子+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP