ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電子音楽の最前線へ! 開催間近! DJ NOBU率いるFUTURE TERROR!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2000年代以降のこの国のアンダーグラウンドのDJカルチャー&パーティでもあるDJ NOBU率いるFUTURE TERROR。このたび2人の精鋭的な電子音楽家~テクノ・アーティストを招いて、明日9月6日に代官山UNITにて行われる。

今回、海外から招聘されているアーティストは2人。まずは、1970年代より活動するフィラデルフィア在住のフリージャズ・ミュージシャン/電子音楽家、Charles Cohen。Buchla Music Easelという名の25台のみ、造られたというヴィンテージ・シンセによる即興演奏が特徴的なアーティスト。まさにリヴィング・レジェンドとも言える存在だが、ひょんなことから今回のもうひとりの出演者でもあるテクノ・アーティスト、Morphosisの知ることになり、その作品がMorphosisのレーベルである〈Morphine〉でリイシューされ、昨今のテクノ・フィールドからの電子音楽の評価などを受けて、その注目が高まっている。そのなかでの来日だ。また、60歳後半を迎えたCohenの年齢、そしてBuchla Music Easelでの演奏ということを考えれば、この機会がいかに貴重なものとなるかは計り知れないものがある。

そして、自身の出自でもあるアラブ・ミュージックから、ロウ・ハウス~インダストリアル、そして実験的なテクノ・スタイルを貫く、Morphosisのプレイもまた現在のダンス・サイドのテクノのカッティング・エッジを知ることができるだろう。

またDJ NOBUはもちろんのこと、FUTURE TERRORのHARUKAとBLACK SMOKERのYAZIによるTwin Peaksも含めて、ホーム・ベースとなるFUTURE TERRORでは恐らくひと味違った、その本性を丸出しにする音楽性を披露する可能性がある。

また階下のSaloonでは、FUTURE TERRORの古参、KURUSUをはじめ、KEIHINやDJ KURIなどがプレイする。

ここ数年で、DJ NOBUが『Crustal Movement Volume 01 – Dream Into Dream』で紹介したディープなロウ・ハウス~インダストリアル~電子音楽の探求から、彼のフロア・プレイの中心でもあるテクノのグルーヴまで、テクノを含めたアンダーグラウンド・エレクトロニック・ミュージックの深淵に触れるられるパーティになることは間違いないだろう。

(河村)

CHARLES COHENによる演奏を捉えたドキュメント映像

Vimeo

・DJ NOBUの『ON』はOTOTOYでも配信中

http://ototoy.jp/_/default/p/17185

・FUTURE TERRORの公式ページ

http://www.futureterror.net/news/future_terror/future_terror_at_unit.html

FUTURE TERROR

9月5日(土)代官山UNIT

open 23:00

UNIT:Charles Cohen (Morphine Records / Live)、Morphosis (Morphine Records / DJ)、DJ Nobu (Future Terror, Bitta / DJ)、Twin Peaks (Future Terror, BLACK SMOKER / DJ)

Saloon DJs:KEIHIN (Muktub)、Wata Igarashi (Drone)、KURUSU (Future Terror)、DJ KURI (BLACK FOREST)、Haruka (Future Terror)、Atsushi Maeda (rural, addictedloop)、WADA (Chiba)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP