ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気料理研究家・栗原はるみさんの人気レシピやそれにまつわるエピソードを大公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 女性から圧倒的な支持を受ける料理研究家の栗原はるみさん。著書の累計発行部数は2000万部以上、2005年には“料理本のアカデミー賞”ともよばれる「グルマン世界料理本大賞」でグランプリを受賞するなど、輝かしい経歴を持ちながらも、親しみやすい人柄で人気を集めています。

 そんな栗原さんのパーソナルマガジン『haru_mi』(扶桑社/刊)が9月1日発売の秋号(Vol.33)で創刊8周年を迎えました。
 『haru_mi』は、2006年9月に創刊した季刊誌。レシピだけにとどまらず、容器、洋服、雑貨、インテリア、旅など、「ふつうの暮らしが楽しい」というコンセプトのもと、ライフスタイルまでを提案する雑誌となっています。

 8周年を飾る秋号の特集は、「はるみの幸せレシピABC」。アルファベットを順番にならべ、Aならば「りんご(Apple)のおやつ」、Bならば「私のベーグル(Bagel)」というふうに、そのテーマにそった料理や雑貨のレシピやエピソードがまとめられています。

 本書の中では、栗原さんの家族のエピソードも語られています。
 栗原さんの実家では、3時のおやつはほとんどがお母さまの手作り。特別な材料や道具は使わず卵、小麦粉、牛乳、砂糖、豆、ごまなど、いつも台所にある材料で手早く作ってくれたそうです。
 そんなお母さまが作ってくれたおやつの一つが、ドーナツでした。
 「料理は目分量で」といつもは言うお母さまですが、言いながらも、ドーナツだけは分量を守り、きっちり量るのがコツ。お母さまの作ってくれたドーナツは口当たりが軽くて口溶けがよく、あとをひくおいしさにびっくり。家族からも評判が良く、「分量を守る」という教えを守って何度も作ったそうです。
 シンプルで、家族愛のつまった栗原さんの「母ドーナツ」は、私たちも試してみたくなる一品です。

 この他にも、グラタンやごはん、納豆、ポテトサラダといった料理から、キッチン道具や雑貨などの栗原さんのお気に入りが、エッセイとともに紹介されています。とじ込み付録として、マヨネーズやなめ茸などを家庭で作れるレシピをまとめた「市販品を手作りしましよう」という冊子つきもうれしいですね。
 とてもシンプルで作りやすくて、そして深いのが栗原さんのレシピの世界。そんな栗原さんの「いま」が凝縮された『haru_mi』秋号(Vol.33)は、ファンだけでなく、たくさんの人が参考にできるはずです。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
「クックパッド」殿堂入りレシピも大公開! みんなが大絶賛した“鉄板”レシピ集
今、なぜ「お麩」に注目が集まっているのか? その4つのポイント
暑さに負けない! 体調を整える食材とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP