ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スティング、昨年ニューヨークで開催した最新ライブが映像化

DATE:
  • ガジェット通信を≫
スティング、昨年ニューヨークで開催した最新ライブが映像化

2013年10月2日、スティングの誕生日に10日間に亘るベネフィット・コンサートの一環としてニューヨークで開催されたライヴが、10月1日にDVD、Blu-ray、iTunesライブビデオで発売されることが決定した。

スティングが生まれ育った故郷であるイングランド北東部のウォールズエンドという造船業で栄えた町を舞台に、子供の頃の経験が元になっている。観客との距離が近い小さめの会場で、スティングの語りと音楽で、その物語が綴られていく。バックドロップには当時の町の様子が投影され、[愛]、[喪失]、[救い]、[自己発見]といったテーマが浮き彫りにされる躍動的なライヴ・パフォーマンスに、観る者は瞬く間に惹きこまれる。

スティングと共に演奏するミュージシャン14名は、その多くがスティングと同じ地域の出身者である。俳優兼シンガーでミュージカルにも出演するジミー・ネイル、バイオリンとノーサンブリアン・パイプ担当のキャスリン・ティッケル、バイオリンとマンドリン担当のピーター・ティッケル、アコーディオン担当のジュリアン・サットン、歌を担当するウィルソン・ファミリー他。

そして、スティングのブロードウェイ・デビュー作となるミュージカル「ザ・ラスト・シップ」は、制作陣にはその分野のトップを迎え、9月29日にプレビュー公演開始、10月26日に開幕日を迎える。作詞、作曲:スティング、演出:ジョー・マンテロ(トニー賞受賞歴有)、脚本:ジョン・ローガン(トニー賞受賞歴有)&ブライアン・ヨーキー(ピュリツァー賞受賞歴有)、振付:スティーヴン・ホゲット(ローレンス・オリヴィエ賞受賞、トニー賞ノミネート歴有)

「ザ・ラスト・シップ~ライイヴ・アット・ザ・パブリック・シアター」は、グラミー賞受賞16回という偉大なミュージシャンであるスティングの人生に与えた影響を共有することができる貴重な映像であり、素晴らしいミュージシャンたちによる素晴らしいライヴ映像である。

「ザ・ラスト・シップ~ライイヴ・アット・ザ・パブリック・シアター」予告編

リリース情報

「ザ・ラスト・シップ~ライヴ・アット・ザ・パブリック・シアター」
日本盤:10月1日発売予定
日本語字幕付
(DVD)UIBA-1020 4,320円(税込)
(Blu-ray)UIXA-1001 / 5,400円(税込)
iTunesライブビデオ配信
収録曲
ザ・ラスト・シップ
シップヤード
カミング・ホームズ・ノット・イージー ※
アンド・イエット
オーガスト・ウィンズ
ホワット・ハヴ・ウィ・ガット?
プラクティカル・アレンジメント
ホワット・ユー・セイ・メグ? ※
デッド・マンズ・ブーツ
ビッグ・スチーマーズ ※
スカイ・フックス・アンド・タータン・ペイント
ジョック・ザ・シンギング・ウェルダー ※
ソー・トゥ・スピーク
ショウ・サム・リスペクト
アンダーグラウンド・リヴァー
ザ・ラスト・シップ(リプライズ)

※アルバム「ザ・ラスト・シップ」未収録

関連リンク

スティング 日本公式サイト:http://www.universal-music.co.jp/sting

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。