ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レッドブルが日本のゲーム音楽特集『Diggin’ In The Carts』を公開! 毎週木曜日配信

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


あのレッドブルが日本のゲーム音楽特集サイト『Diggin’ In The Carts(ディギン・イン・ザ・カーツ)』を公開。9月4日から毎週木曜日に公開され、登場するコンポーサーは『メトロイド』やゲームボーイ版『テトリス』を手がけた田中宏和、古代節で有名な古代祐三、『ファイナルファンタジー』シリーズを手がけた植松伸夫などが登場。

トレイラー動画も公開されておりまた本編1話も既に公開済み。1話の後半は田中宏和が登場し懐かしい任天堂サウンドも聴くことができるぞ。なんかこの人の曲って『レッキングクルー』のイメージが強いよね。自分だけ?

田中宏和の曲もかなり影響を与えており、ファミコンを「ピコピコ」と言われるようになったのもこの人のお陰でもあるんだよね。あの独特な音源は今聞くとレトロというよりむしろ新しくもあるかもしれない。
8ビットや16ビット大好きッ子は是非ご覧頂きたい。
古代祐三も楽しみだなあ。

『Diggin’ In The Carts』
http://www.redbullmusicacademy.jp/jp/magazine/diggin-in-the-carts-trailer-release

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。