体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジャンク、DIY…インテリア界の新たなブーム“男前インテリア”とは?

ジャンク、DIY…インテリア界の新たなブーム“男前インテリア”とは?

 「RoomClip」というアプリを知っているだろうか。部屋のインテリア、家具、雑貨の写真を共有するSNSで、現在30万ダウンロードを突破したという。
 そんな「RoomClip」内で一つの大きなブームが起きている。「男前インテリア」が主婦層を中心に流行しているというのだ。

 『RoomClip Style』(扶桑社/刊)は、「RoomClip」内に投稿された数々のおしゃれな部屋やインテリア、雑貨などの写真を集めたムック。特集では「男前インテリア」がフィーチャーされており、その特徴はアメリカン、インダストリアル、そしてジャンクといった男らしい“かっこよさ”の要素が満載なのだが、実はそうしたデザインを女性が好んで作っているというのだ。
 今回はインテリアの新たな潮流「男前インテリア」について、「RoomClip」を運営するTunnel株式会社執行役員の川本太郎さんにお話をうかがった。
(金井元貴/新刊JP編集部)

■主婦層が「男前インテリア」に注目する理由とは?

――表紙を見ると、「大人女子がはまる“男前インテリア”」という言葉が目立ちます。今、主婦層を中心にブームとなっている「男前インテリア」とはどんな特徴を持ったインテリアなのでしょうか。

川本さん(以下敬称略):まず、女性を中心に流行している「男っぽい」インテリアだということです。「男前」という言葉は、そもそもインテリアの領域ではなかったもので、「インテリア」と「男前」というキーワードで検索がはじめてかけられたのは、おそらく2012年6月くらいだと思います。
ただ、男っぽいテイストのインテリアは以前からあって、イメージとしては、深めの木の色、オーク材みたいな木目のデザインであったり、黒や青、緑などの寒色系の色遣いが当てはまります。また、金属も錆びた感じを出したり、スモールサインという、アルファベットを使った小さな看板風の小物ですね。そういったものを上手く組み合わせることで、男っぽい演出をしていたんです。

ジャンク、DIY…インテリア界の新たなブーム“男前インテリア”とは?

*『RoomClip Style』8P〜9Pより

――それを「男前」だと呼ぶ文化が、「RoomClip」の中で生まれた。

川本:そうです。そして、ユーザーの方々がコメント欄などで、インテリアを褒めるときに「その机、男前だね!」とか「すごい男前!」という形で使うようになりました。そういうやりとりが生まれたのは、去年の夏頃ですね。
私が見ている限り、「かっこいい」を言い換えた形で「男前」という言葉を使っている感じです。

――この『RoomClip Style』に掲載されている写真を見ると、かなりジャンクな雰囲気を醸し出していますよね。

川本:そうですね。「男前」タグが生まれた頃は、集合ポストや木に寒色で文字を入れたものですとか、雑然と本が並べられた本棚ですとか、定義がとても揺れていたのですが、だんだんとユーザーさん同士の間で固まっていきました。
だから、女性の方々が考える「男の人の部屋」がそこに投影されているんですよね。逆に男性ユーザーの方々は「男前」というタグをあまり使わないんです。

――それは面白いですね。

編集担当・池田さん(以下敬称略):そういったデザインのことを、インテリアの世界では「ジャンクスタイル」というような言い方をしていました。だから「男前インテリア」というのは、「RoomClip」が発祥ではないかと思います。

川本:そうだと思います。ブランドでいえば、journal standard FurnitureさんやTRUCK FURNITUREさんのような、インダストリアル系のスタイル。いわゆる、無骨な感じに、アメリカンカジュアルが混ざったようなテイストが、「男前」と認定されるイメージですね。
こうしたインテリアを好む人はずっといて、数年前にも本が出版されたことがありますし、インテリア関連のブログをやっている有名なブロガーさんもいらっしゃって、そのブロガーさんのファンが「RoomClip」内にいて、男前インテリアというムーブメントをつくっていったという感じがします。

――この「男前インテリア」が女性から人気を集めている理由はなんでしょうか。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy