ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この秋始めたい! 新感覚スポーツ「バブルサッカー」実践レポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋といえば、「スポーツの秋」! 食欲が増すこの時期は、適度に運動をして体型をキープしておきたいところ。しかし、いざ運動しようと思っても、どんなスポーツをすればいいか分からない人も多いかと思う。そんな人にオススメしたいのが、いま話題の「バブルサッカー」だ。

バブルボールを装着して地面を転がるのが楽しいバブルサッカー

バブルサッカーとは、「バブルボール」と呼ばれるビニール製のボールを装着し、5対5で行うサッカーのこと。ルールはフットサルとほぼ同じ。もともとはノルウェーのバラエティ番組から生まれたスポーツで、それが国内にも飛び火。見た目のユニークさもあって、いま注目されている新感覚スポーツなのだ。今回は、日本バブルサッカー協会の協力のもと、実際に体験してきたので、そのもようをレポートする。

少し苦戦したが、補助なく簡単に装着できた

装着するバブルボールは、足以外をすっぽりと覆う。想像よりも大きく、ずっしりとした重量感がある。

バブルボールを装着した姿。ビニール製のため、自分の息で曇ってしまうことも

実際にプレイしてみると、ボールを追いかけたり、蹴ったりするだけでなく、相手に体当たりして地面を転がることが多い。想像以上にハードだ……。気になる衝突時だが、痛みはまったくない。柔らかい素材で保護されているため、けがの心配がなく、遠慮なく体当たりできるのが醍醐味だ。

勝敗よりも相手とぶつかることに夢中になる

「試合中、1番盛り上がるのは開始直後。センターラインのボールを取ろうと一斉に駆け寄るため、選手同士がぶつかって吹き飛ばされる派手な展開が見られる」と同協会の羽馬英作さん。サッカーやフットサルの経験がなくとも楽しめることから、女性の参加者も増えてきているという。

「どうせ始めるなら、ちょっと変わったスポーツがいい!」と考えているあなた。この秋、会社の同僚や友人を誘って、バブルサッカーを楽しんではいかがだろうか?

(杉山大祐/ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP