ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男性が「ふたりで会ってみたい」と思う、女友だちの行動

DATE:
  • ガジェット通信を≫


日常のふとした会話から、男とは…を分析する男子の生態学。今回は、友だちMくんの会話をもとに、「ふたりで会ってみたいと思う女性の行動」について、男心を知る3つのキーワードを紹介します。

「俺の友だちのコミュニティのなかで、顔じゃなくて確実に内面で人気ある子がいるんだよね。俺もその子のこと分析しててわかったんだけど、まずノリがいいんだよね。誘ったらなんでも前向きに楽しもうとしてくれる(★1)からさ。
あと距離の詰め方がうまくてさ。友だちのことをあだ名で呼ぶ(★2)のね。呼び方は大事。親近感とか距離感とか近く感じられる。
親近感もそうなんだけど、実際に距離が近い(★3)んだよ。歩くときとかも肌触れたりするし。そういうのドキドキするんだよね男子は。そりゃ人気出るわって感じなんだけどさ」

誘っても断らなさそうなノリのよさ(★1)

男性は、デートや食事に誘って断られることを極端に恐れています。ノリがいい子は、前向きに検討してくれて気軽に行ってくれそうだから誘われやすいのです。

身近な男性をあだ名で呼ぶ(★2)

メールを交換して仲よくなったときぐらいに、お互いの名前の呼びかたを決めましょう。「〇〇さん」と呼ぶよりも、あだ名で呼ばれた方が仲がいいように感じられ、親近感がわきます。
小学生の友だちのような感覚を出せるとよいでしょう。

会話の際などに、距離が近い(★3)

男性は、女性の体に触れたい、触れられなくても近くにいたいと思っています。
その願望を叶えるべく、肌が触れるような近さでいると男性はドキドキしてくれます。電車でも、気になる彼の体に支えてもらうように寄りかかりましょう!


(グリッティ)記事関連リンク
秒速で恋愛対象から外れる女性の特徴
いつの間にか男性が虜になる「雰囲気美人」に変身するコツ
いい男ばかりとつきあえる「容姿は普通」な女子の魅力って?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP