ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

残業するOLが気になること

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

3328933739_719e18a18f_b
株式会社ネオマーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:橋本光伸)は、全国の働く女性を対象にアンケート調査を行いました。
この調査は、20~39歳の会社員・教員、公務員500名を対象に行ったアンケートを基にまとめたもので、働く女性たちの残業状況の実態と、夜食(間食)へのニーズが明らかになっています。
■働く女性と残業、そして夜食の現在まず、「昨年に比べて残業時間は増えましたか」という問いに対して、「増えた」(32.4%)「減った」(13.4%)「変わらない」(54.2%)という結果に。週2日以上残業した人を対象にしたアンケートの中でも「週に4日」(19.6%)「週に5日以上」(29.2%)という数字から、働く女性を取り巻く残業事情がうかがえます。
そんな状況で、働く女性にとって頼れる存在が夜食(間食)のようです。「残業中に夜食(間食)は食べますか。食べる場合はどういった夜食(間食)を食べるかお答えください」という質問には、全体の52%が「食べる」と回答。上位から「お菓子」(39.6%)、「おにぎり」(18.0%)「バランス栄養食」(16.0%)、「サンドイッチ」(15.6%)と続くラインナップを見ても分かるように、手軽につまめる軽食系が人気を集めていることが分かります。
ライスフリーアンケート結果 (10)1

■低カロリーでも「食べごたえ」「満足感」は欠かせない
ライスフリーアンケート結果 (4)2

夜食(間食)は夜に摂ることになります。もちろん、摂取カロリーも重要な関心ポイント。「夜食(間食)として理想的なカロリーはどれぐらいだと思いますか」という質問には、過半数の女性が「200kcal以下」(59.0%)と回答。「300kcal程度」(29.0%)「400kcal程度」(9.8%)「500kcal程度」(1.8%)「600kcal以上」(0.4%)というアンケート結果になっています。
ハードな残業においても、カロリーコントロールを守りたいという理想が分かりました。しかし、続いて「残業時の夜食(間食)は何を基準に選んでいますか」と質問したところ、「カロリーの低さ」(33.8%)を上回り、「満足感のある量」(35.8%)、「食べやすさ」(56.2%)という項目が急浮上しているのです。
これは決して矛盾する志向ではありません。最近は、費用対効果を表す「コスパ」(コストパフォーマンス)に対し、摂取カロリー対満腹感を表す「カロパ」(カロリーパフォーマンス)をキーワードにした食品が登場しており、腹持ちのよさ、食べごたえと低カロリーの両立が可能になっているのです。
働く女性たちの理想と本音にしっかり応える「カロパ高」のおすすめ夜食商品を紹介してみましょう。

●濃厚おかずとごはんがワンパックな手軽夜食飯『ライス・フリー』(大塚食品)おかず&ご飯を同時にレンジアップできるレトルト食品。米状に加工したマンナンヒカリ(主成分はこんにゃく)と、カレーや中華あんかけなど、濃厚でしっかりした味つけのおかずがセットに。200g/200kcal以下という絶妙なバランスが好評です。根菜類の多用で噛みごたえを出し、満腹感を覚えやすい工夫で高カロパを実現しました。
●食物繊維たっぷりでヘルシーなカップ麺『サイリウムヌードル』(日清食品)『カップヌードル』シリーズでおなじみのメーカーが開発した「トクホ」ヌードル。「サイリウム」とは、便秘の治療薬として知られる「インドオオバコ」から取れる良質の食物繊維のこと。胃の中の水分で膨らんで食べごたえもバッチリ。スープを全部飲んでも160kcal以下というカロパ優等生です。
●満足感がありながら、カロリー200kcal以下『ヌードルはるさめ』(エースコック)ツルツルシコシコの食感はカップ麺さながらの春雨ヌードル。「うま辛チゲ」「和風おろし」の2フレーバーで、お腹がしっかりふくれるし、しっかりと“食べた感”があります。野菜をフィーチャーしつつ、カロリーは120~140kcal台におさえるなど、ヘルシーさは頼もしい限り。

(Photo by Mark Jensen)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
急激に老化がはじまる! 「健康的で美しい」40代になるために必要なことは・・・?
肌トラブルの原因!乾燥肌の人ほどクレンジングをやりすぎている?
ミルフィーユにクリームパン!今女性の体がスイーツ化しててヤバい!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。