ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高田漣 feat.UA「パレード」がWOWOWドラマ挿入歌に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

WOWOWにて10月18日から放送される土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW グーグーだって猫である」の挿入歌として、高田漣 feat.UAによる楽曲「パレード」が決定した。

そして、挿入歌「パレード」も収録した、高田漣によるオリジナル・サウンドトラックが、10月22日にスピードスターレコーズから発売されることも明らかになった。ドラマに登場した猫たちが、ジャケット写真やブックレットに使用され、さらにグーグーステッカーセット(3枚)も封入される。

高田漣はスティール・ギターをはじめとするマルチ弦楽器奏者として、YMO、細野晴臣、高橋幸宏、斉藤和義、くるり、星野源、などのレコーディングやライブでも活躍。昨年6月には伊賀航、伊藤大地(SAKEROCK)、小山田圭吾、岸田繁(くるり)、ゴンドウトモヒコ、斉藤和義、坂本龍一、鈴木茂、高桑圭、高野寛、高橋幸宏、辻村豪文(キセル)、原田知世、細野晴臣、堀江博久が参加し、プレイヤーとしてはもちろん、ソングライター/シンガーとしての彼の魅力が存分に発揮された6枚目のオリジナルアルバム「アンサンブル」を発表している。

なお、UAのコメントも到着した。番組特設サイトでは挿入歌を使用した予告編も公開された。

UAコメント
お誘いのあった前日、5,6年程前にご一緒した漣君とのライブ映像を見なおしていたところ。「はて漣君はどうしてるかしら?」と想っていたので大変驚きました。曲をいただいて、鼻歌していると、色んな絵が見えてきて、録音はとても楽しみでした。普遍的な名曲感がありながら、独特な構成なので、ご覧になる方々には、挿入歌「パレード」がどのように映像と結ばれているのかも見所のひとつだと思います。りえちゃんを始め、役者陣、そして大島先生と、大好きな方々ばかり、思い出に残る一曲となりました。個人的には、猫はネズミ除けに飼い始めたのですが、猫は最高。犬もいいですが、やっぱりニャンコは人生には欠かせませんね。

リリース情報

「連続ドラマW グーグーだって猫である」オリジナル・サウンドトラック
2014年10月22日(水)発売
VICL-64239 2,350円+税
「パレード」 高田漣 feat.UA 含む全18曲収録
グーグーステッカーセット(3枚)付き

番組情報
「連続ドラマW グーグーだって猫である」
放送日:10月18日(土)スタート(全4話)毎週土曜22:00 ※第1話無料放送
特設サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/gou-gou
スタッフ・キャスト
原作:大島弓子(『グーグーだって猫である』角川文庫)
脚本:高田亮(『婚前特急』『午前3時の無法地帯』『わたしのハワイの歩きかた』)
シリーズ構成・監督:犬童一心(『ジョゼと虎と魚たち』『グーグーだって猫である』『のぼうの城』)
音楽:高田漣(『横道世之介』『箱入り息子の恋』)
挿入歌:「パレード」 高田漣 feat.UA(ビクターエンタテインメント / スピードスターレコーズ)
出演:宮沢りえ 長塚圭史 黒木華 中岡創一(ロッチ)市川実和子 菊地凜子 岩松了 田中泯 ほか

関連リンク

高田漣 アーティストサイトhttp://tone.jp/artists/takadaren/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP