ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

葉加瀬太郎、47都道府県を回る全60公演のコンサートツアー“エトピリカ”がスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

photo:Atsuko Tanaka
葉加瀬太郎のコンサートツアー「日医工 presents 葉加瀬太郎 Best Acoustic Tour “エトピリカ” supported by Iwatani」が、9月4日より東京・かつしかシンフォニーヒルズにてスタートした。

このコンサートツアーは、8月6日にリリースしたニューアルバム「Etupirka ~Best Acoustic~」を携えて臨む全国ツアーで、47都道府県を回って追加公演を含む全60公演を行う。葉加瀬にとって、久しぶりのアコースティックコンサートであり、47都道府県を回るのは初めての挑戦。

初日となった4日は、テレビ番組「情熱大陸」のエンディングテーマでもお馴染みでニューアルバムの1曲目に収録されている「エトピリカ」でファンの心をガッチリと掴んだ葉加瀬は、「8月6日にリリースさせていただきましたニューアルバム「Etupirka ~Best Acoustic~」を引っさげてのツアーとなります。今回のアルバムは、2007年からのアコースティックへの僕のこだわりみたいなものを一つにまとめられた作品だと思います」と挨拶し、ツアーについて「47都道府県を回るというのは初めての挑戦です。来年がデビュー25周年なので、約四半世紀やってきて初めての経験。普通は20歳そこそこのデビューしたてのロックバンドがやるようなことですが、46歳の僕が回ってしまうという…(笑)」と語り、会場を沸かせる一幕も。

ピアノとのデュオで美しい桜を表現した「HANA 組曲「NIPPON」より」や、ライブでは定番となっている「冷静と情熱のあいだ」も披露。ほか、一人の作曲家にスポットを当てて解説する音楽講座や、楽器を使って動物の鳴き声やゲームの効果音などを再現したりと、アコースティックだけにとらわれない自由な構成で会場を盛り上げ続けた。もちろん、恒例となっている「情熱大陸」で、観客と一緒に扇子を使って踊る場面も。

photo:Atsuko Tanaka
最後に葉加瀬は、「今回のツアーは、僕にとりましてもいろいろと新しい挑戦をすることができました。それもひとえに皆さまの応援だと心から感謝しております。また、来年はヴァイオリンを弾き続けて四半世紀というアニバーサリーな年になります。いろいろと大きな花火を上げて楽しい一年にしようと思っていますので、皆さんもさらなる応援をぜひよろしくお願いします!」と話し、2010年の秋から放送が始まったNHK連続テレビ小説「てっぱん」のテーマ曲「ひまわり」を演奏して、最初の公演を締めくくった。

有名曲からファン垂涎の味わい深い曲まで、アコースティックを存分に堪能できるセットリストと、軽妙なMCトーク、笑いを交えた雑学コーナーなど、例年にも増して充実した内容で観客を楽しませた。

葉加瀬太郎コメント
今回は僕にとっても、かなり新しい挑戦がたくさんあったので、アコースティックでありながらエンターテインするという事で、1つまた新しい形が作れたのではないかと。
弦楽器だけでのアンサンブルをやって最後には扇子(ハカセンス)を持って踊るという(笑)
これで、全国47都道府県、みんな待ってくれているので、頑張って健康に気をつけながら年末まで乗り切りたいと思います。

関連リンク

葉加瀬太郎 オフィシャルサイトhttp://hats.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP