ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これは『セブン』ミーツ『エクソシスト』な作品! 監督&主演が語る『NY心霊捜査官』[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『エミリー・ローズ』『フッテージ』などのホラー映画を手掛けたスコット・デリクソン監督と、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジェリー・ブラッカイマーがタッグを組んだ映画『NY心霊捜査官』。次に何が起こるか分からない緊張感ある演出と、骨太な刑事ドラマ要素はホラーファンも、ミステリーファンも満足すること間違い無し。

本作は、実在する元ニューヨーク市警の巡査部長、ラルフ・サーキ氏の体験した実話を映画化したもの。日々凶悪犯罪と戦う刑事が出会った事件の影に“人間では無いもの”が関わっていたなんて、さぞかし監督、キャスト陣も驚いた事でしょう。今回到着したスコット・デリクソン監督と主演のエリック・バナのコメントでは2人が「悪魔払い=エクソシズム」について学んだ事など、貴重な裏側を知る事が出来ます。

【関連記事】あの有名事件には心霊の影あり? 「テレビ・新聞・警察を巻き込んだ日本心霊事件マップ」
http://horror2.jp/7316 [リンク]

スコット・デリクソン監督コメント

Q:ラルフ・サーキ著「エクソシスト・コップ」(原題 Beware The Night)という本のことを初めて知ったのは?

A:2004年でした。ジェリー・ブラッカイマーが映画化権を獲得し、私は間もなく脚本家として雇われました。当初まだ監督という話まではでていなかったのですが、ラルフ・サーキとNYで数日間会い、その時にラルフからアネリーゼ・ミシェルについて語ったノンフィクションの本を渡され、それが後に映画『エミリー・ローズ』になったのです。ラルフに出会っていなければ私は『エミリー・ローズ』を作ることはなかった。それから9年後、スクリーン・ジェムズのクリント・クルペッパーから次は何をしたい?と聞かれ、私は前にジェリーのために書いた脚本の映画をずっと作りたいと思っていたと説明したところ、クリントはそれを読み、とても気に入ってくれて、私はこの映画を作ることになりました。

Q:『エミリー・ローズ』のような憑依や悪魔を描いた過去の映画と比べ、今回何か変えたことはありますか?

A:今回、悪に憑依される人物は以前のこのジャンルの映画と比べて変わっていると思います。この映画の彼らはより計算高く、何らかの目的があって行動していて、それはとても興味深い点だと思っています。

Q:この映画を制作するにあたり、インスピレーションを受けた映画はありますか?

A: ジェリー(ブラッカイマー)はとても頭の良い人で、彼の考え方は天才的とも言えます。最初に脚本を頼まれた時に彼は『セルピコ』ミーツ『エクソシスト』という映画にしたい、と言ったんです。それは最高のアイディアだと私は思いました。刑事アクションと悪魔憑きのストーリーを組み合わせるなんで、単純だけど素晴らしいアイデアだ。製作が進むにつれダークで激しいスリラーではあるが、実際はどちらかと言うと『セブン』ミーツ『エクソシスト』寄りの作品になっていきましたが。

Q:本作はどちらかというとスリラーですか? それともホラー?

A:怖い場面は沢山あるので、確かにホラーという要素はあります。が、率直なところ丁度中間だと思います。『シニスター』のように純粋なホラーではないですね。どちらかと言うと『エミリー・ローズ』の方がホラーで、この作品はスリラー色が強いと思います。ショッキングで怖い内容を含む神秘的は捜査官スリラーです。激しいバイオレンスもありますが、怖いのはそこではなく、その裏にあるものが恐怖感を与えるのです。

主演エリック・バナコメント

Q:あなたはエクソシズムについて何らかのリサーチをしましたか?

A:したよ、残念ながらね。 それについてはあまり話したくないね。ある種の資料を見て、幸いだったものもあれば、見なければよかったと思うものもあったけど、僕の役作りには、それで十分だったよ。

Q:それによって貴方の印象は変わりましたか。それは事実なんでしょうか。貴方は個人的にこの種の現象を信じますか。

A:ある種の経験をすることによって非常に苦しんでいる人々がいることを僕は信じるよ。それが何と呼ばれようが、どのように描かれようが、どのように言い変えられようが、それは個人の勝手だけれど。 だけど、すごく心が動かされたと同時に恐ろしかった。

Q:これは宗教映画だと言えるでしょうか?

A: いや、これはむしろ人生の行路についての映画だね。つまり、多くの人々が違うことを読みとるし、誰にとっても違うものになるだろうね。けれど僕にとっては人生に行き詰まった人々の物語だ。

Q:ホラー映画の撮影中には奇妙な事が起こる事があると聞きますが、あなたに、撮影中なにか異常なことが起こったりしませんでしたか?

A:奇妙な偶然はあったね、でも撮影中怖いことは起こらなかったよ。窓の外を何か飛んでいたのは別にしてね(笑)。

『NY心霊捜査官』特集ページ公開中!
http://horror2.jp/nyss [リンク]

映画『NY心霊捜査官』
公開日:2014/9/20
監督・脚本:スコット・デリクソン(『エミリー・ローズ』)
出演:エリック・バナ(『トロイ』) エドガー・ラミレス(『ゼロ・ダーク・サーティ』 
プロデューサー:ジェリー・ブラッカイマー(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)

http://www.invocamus.jp/

公式Twitter:@invocamus0920
https://twitter.com/invocamus0920 [リンク]

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP