ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

盲導犬刺傷事件 飼い主「人間への傷害罪と同等の厳罰望む」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月28日、さいたま市に住む全盲の男性Aさん(61才)が連れていた盲導犬のオスカー(ラブラドールレトリバー・雄8才)が、何ものかに刺されるという事件が発生した。

 オスカーを刺した犯人について、埼玉県警の武南署は、現在、浦和駅周辺の防犯カメラを分析し、手がかりを探しているが、捜査は難航しているという。武南署の副署長が語る。

「全国から叱咤激励の電話が署にも多数届いておりまして、鋭意捜査中なのですが、事件の発生場所がまだ特定できていないんです。東川口駅から職場までの間の防犯カメラに、オスカーの右背中の血痕が映っているので、そこまでの間に刺されたのだろう、と。ですが、じゃあ実際にどこで、となると難しくて…。周囲で聞き込み調査をしていますが、残念ながら犯人に結びつく情報がありません。なので、いまはマスコミ各社に情報提供をお願いしているところです」

 仮に犯人が捕まったとしても、動物をケガさせることは、法律上「器物損壊罪」でしかなく、《3年以下の懲役または罰金30万円以下の罰金》という罰則で終わる。このことに、Aさんは憤りを隠さない。

「オスカーはペットではなく、私の体の一部ですよ。なぜそんな軽い罪でしかないのでしょうか。盲導犬は吠えないからと、安易な気持ちでやったのかもしれませんが、絶対に許せません。どうか犯人には、人間への傷害罪と同等の厳罰を与えてほしいです」

 そして9月1日、武南署が情報提供を呼びかける3000枚のビラを浦和駅と東川口駅で配布したところ、自らもらいに来る人々が殺到し、わずか30分ですべてのビラがなくなったという。

 9月3日にはさっそく、有力な情報が寄せられた。7月末に、東川口駅の隣の南越谷駅で、オスカーとは別の盲導犬とパートナーを追いかけ回していた、20才前後の長髪の男がいたのだという。

※女性セブン2014年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
秋葉原無差別殺傷事件犯の生い立ちや事件前の日常を追った本
夫の推理小説を先に読む妻 謎解き部分を墨で塗りつぶす悪戯
刺された盲導犬オスカー 足の神経に麻痺が残る可能性あった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP