ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

料亭の豪華ランチや地酒を堪能できる グルメ列車が増加中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近、料理を提供する列車が増えたというのは旅行ジャーナリストの村田和子さん。

「地域の特性を出すには、やはり食。列車の中で、地元産の食材を使った料理やスイーツが味わえるのが魅力の1つ。その地域の名旅館や有名レストランが手がけるものも多く、車窓から広がる景色を見ながら味わうのは格別です」(村田さん)

■丹後くろまつ号(京都府)

『海の京都』を走るダイニングルームをコンセプトに、今年の5月運行を開始した『丹後くろまつ号』は、一両編成の特別列車。食事は「スイーツ」「ランチ」「地酒」の3コース(いずれも事前予約)で、丹後地域の名産が味わえると評判だ。

 また、車窓からは日本三景のひとつ天橋立が見え、途中停車する久美浜駅では、名物『鯛せんべい』など地場産品を販売する『駅市』も開催され、新たな京都の魅力が垣間見られる。

【区間】1号は福知山駅~天橋立駅、2号は豊岡駅~西舞鶴駅、3号は天橋立駅~豊岡駅で、各1日3便

【所要時間】 約1時間22分~約2時間29分。

【料金】大人4000~1万円、子供3600~9400円

■越乃Shu*Kura(新潟県)

 地酒の無料試飲ができるほか、かんずりさきいか(500円)など、地元の食材を使ったおつまみも楽しめる。また沿線には、日本一海に近い駅として有名な『青海川』など名所もあり、おなかも心も大満足だ。2号車のサービスカウンターでは、常時5種類の銘柄が味わえる(別料金)。

【区間】高田駅~十日町駅間を土日祝1日1往復

【所要時間】約3時間

【料金】大人6400~6800円、子供3600~3800円

※女性セブン2014年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
北近畿タンゴ鉄道アテンダント 仕事は観光客へのおもてなし
超人気寝台列車「トワイライトエクスプレス」の優雅な朝食
JR東日本「リゾートしらかみ」 車内で津軽三味線の生演奏も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP