ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吉高由里子と鈴木亮平 『花子とアン』打ち上げで夫婦漫才

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ごきげんよう」。会場入り口で、共演者やスタッフを出迎えていた吉高由里子(26才)にそう声をかけたのが美輪明宏(79才)だった。

 8月28日の夕方5時過ぎ、都内のホテルでNHK連続テレビ小説『花子とアン』の打ち上げがスタートしようとしていた。

 現在ドラマでは、吉高演じる村岡花子が“ラジオのおばさん”として奮闘しているのだが、その“ラジオのおばさん”をイメージした語り役を、ドラマ放送開始から美輪が担当している。そんなふたりの対面を目の当たりにして、記者の胸は大きく高鳴った。

 そうこうしていたら、蓮子(仲間由紀恵・34才)が到着。壮絶な離婚劇を繰り広げた、かつての夫(吉田鋼太郎・55才)を見つけると笑顔で駆け寄り、そろって会場へと入っていった。

「1次会は落ち着いた感じだったんですが、場所をパーティー会場に移しての2次会は仲間さんの乾杯でスタート。お酒が進んで盛り上がるなか、吉高さんと村岡印刷さん(鈴木亮平・31才)がステージに上がって夫婦漫才をしたり、みんなで主題歌の『にじいろ』を大合唱したり、楽しい雰囲気でした」(出席者)

 その後さらに会場をカラオケ店へ移して3次会。宴がお開きになったのは、空がすっかり明るくなった午前5時過ぎだった。そして本誌は出席者がそれぞれ帰路につくなか、“4次会”に向かう一行を発見!  花子の親友・醍醐さん(高梨臨・25才)、村岡印刷さんの弟・郁弥(町田啓太・24才)、そして蓮子が駆け落ちした龍一さん(中島歩・25才)ら計6人だった。

 時計の針はすでに午前5時半をさしている。それでも一行はその後約3時間にわたって酒を飲み交わした。

※女性セブン2014年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『花子とアン』 40~60代女性が選ぶ男女別キャラ人気TOP10
吉高由里子 20代若手女優の中で頭一つ抜きんでた存在との評
『花子とアン』人気の理由 正統派ながら冒険加えているから

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP