ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドラ泣きならぬ“トラ泣ッキー”? トラッキーが『猿の惑星:新世紀』に感動して号泣する関西限定ポスターが公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2011年公開『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編にして、新たな地球の支配者が決する瞬間を描くディザスター・アクション超大作『猿の惑星:新世紀(ライジング)』が、9月19日(金)より日本公開。世界各国で前作を大きく上回る成績を記録し、日本でもその公開が待たれる中、なぜか『猿の惑星』とプロ野球球団・阪神タイガースのタイアップが実現したとの情報が明らかになりました。

阪神タイガースの人気マスコットキャラクター“トラッキー”が、映画の感動的なストーリーに思わず“トラ泣き”してしまった関西限定ポスターが、9月8日(月)~9月21日(日)の期間限定で、大阪駅前地下道西通路ロングコリドーに登場。本日、先行して公開されたポスターには、確かに涙を流すトラッキーの姿が。トラッキーからは、「『猿の惑星:新世紀(ライジング)』には泣かされちゃった。この感動をぜひ多くのみなさんと分かち合いたいです」とコメントが届いています。読売ジャイアンツのジャビットや、中日ドラゴンズのドアラとは仲良くしたところを見たことがないのに、猿には優しいんですね。それにしてもこの異色のコラボ、何か特別な事情があったのでしょうか? まったく裏が読めません……。ちなみに、関西では本日のサンケイスポーツ朝刊にてこの情報が大きく扱われているとのこと。なぜデイリーじゃないんだ? まったく裏が読めません……。

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』ストーリー

高度な知能を獲得した猿のシーザーが仲間を率いて、人類への反乱を起こしてから10年後の世界。森の奥地に文明を築き、さらに進化した猿たちと、絶滅の危機に瀕(ひん)した人類の生存者グループが数年ぶりに遭遇し、一触即発の危機が勃発。かけがえのない家族や仲間を持ち、平和な世界を望む猿のリーダー、シーザーと人間たちそれぞれの葛藤を軸にした物語は、“共存”と“対立”の狭間で重大な決断を迫られていく彼らの姿を映し出す。

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』公式サイト:
http://www.foxmovies.jp/saruwaku-r/

(c)2014 Twentieth Century Fox

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP