ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IFA 2014 : HTC、64bit・8コア Snapdragon 615を搭載した「Desire 820」を発表、自分撮り機能も強化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC は 9 月 4 日、Qualcomm の6 4bit 対応 8 コアプロセッサをスマートフォンで初めて採用した Desire ファミリーの新モデル「HTC Desire 820」を正式に発表しました。Desire 820 は、5.5 インチ 1,280×720 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイと Snapdragon 615 MSM8939 1.5GHz オクタコアプロセッサを搭載した  LTE Cat 4 対応のミッドレンジモデル。今回発表されたのはSIMカードを2枚装着できるデュアルSIMモデルです。Desire 820は今春に発売された「Desre 816」の後継と言った機種で、新モデルでは、プロセッサをアップグレードしたほか、フロントカメラのスペックを上げて“自分撮り”でより綺麗に撮影できるようにしています。Desire 820 に搭載された Snapdragon 615 MSM8939 は、ARMv8 対応の ARM Cortex-A53(1.5GHz×4+1.0GHz×4)の“デュアルクアッドコア”の CPU と Adreno シリーズ次世代モデルとなる「Adreno 405」を GPU に採用した 28nm プロセッサです。カメラは背面に 1,300 万画素(BSI、F2.2 / 28mmレンズ、フル HD 動画撮影対応)、前面に 800 万画素(BSI、AF、フル HD 動画撮影対応)を搭載。HTC は Desire 820 のフロントカメラで撮影前に肌の質感を補正できるメイクアップ機能「Live Makeup」や 1 回の撮影で様々なシーンの写真を作成できる「Photo Booth」機能を追加しました。メモリは 2GB RAM と 16GB ROM (Micro SD 最大 128GB)を搭載。バッテリー容量は 2,600mAh。ワイヤレス通信機能は Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、DLNA、GPS/GLONASS、GSM/WCDMA/TD-SCDMA/LTEに対応。筐体サイズは 157.7 x 78.74 x 7.74mm、質量は 155gです。Desire 820 の対応周波数は、GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(850/900/1900/2100MHz)、TD-SCDMA(1900/2000MHz)、FDD-LTE(Bands 1,3,7,8)、TD-LTE(Bands 38, 39, 40, 41)となっています。挿せる SIM カードのサイズはどちらも Nano SIM です。Desire 820 の発売時期は“晩秋”です。(更新:9月末)Source : HTC


(juggly.cn)記事関連リンク
ドイツの家電量販店が公開したMoto X+1とMoto G2のフルスペック
IFA 2014 : 円型ディスプレイを採用したLGの新スマートウォッチ「LG G Watch R」のデモ動画、10月14日に発売されるとの噂も
IFA 2014 : Sony Mobileが発表した新アクセサリー、小窓付きケース「SCR24」、ワイヤレス充電対応のBluetoothスピーカー「BSP10」、ヘッドバンド型ワイヤレスヘッドセット「SBH60」など

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP