ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛乙女★DOLL、2ndシングルでのユニットバトルは芦崎ユニットが勝利

DATE:
  • ガジェット通信を≫
愛乙女★DOLL、2ndシングルでのユニットバトルは芦崎ユニットが勝利

愛乙女★DOLLが9月3日、東京・AKIBAカルチャーズ劇場での定期公演にて、2ndシングル「セツナツ、ダイバー」のカップリング曲におけるユニットバトルの結果発表を行い、芦崎麻耶がユニットキャプテンを務める芦崎ユニット(芦崎麻耶・愛迫みゆ・ハルナ)が勝利するという結果になった。

ユニットバトルとは、愛乙女★DOLLのメンバーを、「サヨナラと君が言った」(Type-A,C収録)を担当する芦崎(ユニットキャプテン)、岩崎、佐野ユニットと、「少女アステリア」(Type-A,D)を担当する都築(ユニットキャプテン)、岩崎、佐野ユニットの2つに分け、2ndシングルのカップリングとして収録。それぞれの売り上げ枚数により勝敗を決定し、勝利ユニットには、PV制作及び雑誌での特集掲載が勝利特典として用意される。ユニットバトルを開始した約3ヶ月前から熾烈なバトルが繰り広げられ、この日もリリースイベント期間をメンバーと共に走り続けてきたファンが集まり、会場は超満員となった。

ライブのスタートは「エアプレーン」。続けて、「君とゆびきり」「☆U☆」と、インディーズ時代の人気曲を披露していく。そして、ユニットバトルの対象曲である「少女アステリア」(※当日は、ユニットキャプテンの都築は体調不良により欠席)、「サヨナラと君が言った」を各ユニットが披露したところに、レコード会社の担当が登場。

結果発表を前に両キャプテンよりコメントがあり、芦崎ユニットのキャプテン芦崎は「この期間で得た意識や自覚を活かして、これからも頑張っていきます。ファンの皆さんの暖かさを感じられたユニットバトルでした」また、本日、体調不良にて欠席した都築ユニットのキャプテン都築からのメッセージを“らぶどる”- リーダー岩崎が代読。「初めてのキャプテンという大役を務め、成長できました。心暖かいファンの皆様に感謝します」とコメント。

ここで、改めて、レコード会社の担当者の進行で、ユニットバトル発表映像が会場に流れる。

結果は、売り上げ枚数のカウントの締め切り日まで、日々、互いの枚数を追い越し、追い越されと一進一退の痺れる展開の末、わずか173枚差で芦崎ユニットが勝利を収めた。

結果発表後は、両ユニットに笑顔はなく、3ヶ月もの長い期間、互いを刺激し合い、切磋琢磨してきたことを労うように、そして、讃え合うようにメンバー全員で円陣を組み、ステージパフォーマンスを再開した。

この後は、「君はストーム」からメジャーデビュー後の楽曲を立て続けに披露して公演は終了した。

愛乙女★DOLL 水曜定期公演 セットリスト
1. エアプレーン
2. 君とゆびきり
3. ☆U☆
4. 少女アステリア
5. サヨナラと君が言った
6. 君はストーム
7. High Jump!!
8. セツナツ、ダイバー
9. ワチャゴナ
EN1.流れ星

関連リンク

愛乙女★DOLLオフィシャルWEBhttp://lovelydoll.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。