ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

職人の温もりあふれる食器や雑貨に出会える「民藝展」が開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

しっくりと手になじむ食器や、肌触りのよい手織物…。そんなお気に入りの一品に出会えそうなイベント「用の美とこころ 民藝展」が、日本橋髙島屋にて、 9 月 10 日(水)~9 月 23 日(火・祝)に開催される。

「用の美とこころ 民藝展」は、美しく実用的、そして職人の手の温もりを感じさせてくれる民藝品を、全国から集めた展示販売会。

今年は、東京の髙島屋で民藝運動の創始者、柳宗悦らが「現代日本民藝展覧會」を開催してからちょうど80年で、品揃えも充実させているそう。

人気の栃木県益子町「益子焼」、島根県出雲市「出西窯」なども出品予定で、生活を豊かに彩ってくれる一品にきっと出会えるはず。

秋冬の食卓に似合う食器を探している人や、日本のデザインに興味がある人は、ぜひ足を運んでみて。

なお、民藝運動の実践者であり、型絵染の人間国宝でもある芹沢銈の展覧会「生誕120年記念 デザイナー芹沢銈介の世界展」も同時開催なので、併せて観てみてほしい。

日本橋髙島屋

http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/event/index.html

The post 職人の温もりあふれる食器や雑貨に出会える「民藝展」が開催 appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP