ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「結婚できない人をゼロに」壮大すぎる宣言をした企業、パートナーエージェントの真意とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1990年の19.1%から2010年は34.6%に上昇――何を表す数字か想像がつくだろうか? 実はこれ、30代後半男性の未婚率。さらに、2030年の生涯未婚率は男性=約30%、女性=約23%になると予測されている……ところが、こうした未婚率の低下に歯止めをかけるべく、「結婚できない人をゼロに」を宣言する企業があるらしい!?

このスローガンは、婚活支援企業パートナーエージェントが提唱するもの。しかし、「結婚できない人をゼロに」することなど、本当に可能なのだろうか?

「生涯独身と考えている人は別として、パートナーを見つけたいと思っていても、さまざまな理由から結婚しづらい世の中になっているのが、今の現実。そのような人たち全員に結婚してほしいというのは、私だけでなくスタッフ全員が願っていることです」

そう語るのは、同社の佐藤茂社長。つまり、「願望がありながら結婚できない人をゼロに」というのがスローガンの真意であるそうだ。

とはいえ、20〜49歳の独身の人々は、日本全国に2千万人も存在する。しかも、このうちの約90%が結婚願望を持っているのだとか。となると、やっぱりハードルの高いスローガンのような気もするが……。

「そうですね。これらの数字は国勢調査によるものですが、このうち、実際に結婚できている人は年間5%と考えられています」

ガーン!! しかし、ここで結婚を諦めてしまうのは、まだ早い。パートナーエージェント会員の成婚率は21.2%(2013年度)。全国平均より約4倍高い数字となっている。

実は、佐藤社長が同社を創業したのは、こうした成婚率が背景にあるという。かつて同業他社に勤めていたころの、結婚相談所などの成婚率は7〜8%程度だったとのこと。

「もし、受講生のうち7〜8%しか成績が伸びない進学塾があったとしたら、親御さんはそこに行かせるのを躊躇してしまいますよね。結婚相談所など婚活を支援するサービスも、もっと高い成婚率が実現できるのではないかと考え、パートナーエージェントを設立しました」

このような思いがあるからこそ、約20%という高い成婚率を出すに至ったのだろう。

また同社は、ただカップリングをするだけでなく、結婚後も幸せな生活を送れているか調査するQOM(結婚の幸福度指数)という取り組みも行っている。20〜60代の既婚男女3600名に調査したところ、「観察力」「仲良し力」「ケンカ力」など、結婚の幸福度を構成するのは6つの要素であることが発見されたという。開発されたQOM測定では、1000点満点で評価され、500点が平均値。ウェブ上で誰でも測定を受けられるので、ぜひ、お試しいただきたい。

ところで、”婚活”との言葉を聞くと、容姿や学歴、職場でのポジションなど、「自分はスペックが低い……」と気になってしまう男性諸氏もいるかもしれない。

「たしかに、自分のスペックを気にする男性は多いですね。でも、最近の女性は、男性のそんなことを気にしていませんよ」

こう述べる佐藤社長に、取材に同席してくれた女性社員も「その通りです」と同意。さらに、次のような思いも教えてくれた。

「今は便利な世の中で、男性も女性も1人で生きていけるかもしれません。そんな時代だとしても、支えあうパートナーは必要だから結婚するのではないでしょうか」

なかには「いつかは、結婚しよう」と思いつつ、なかなか踏み出せない人もいると思う。しかし、年齢を重ねるごとに結婚できる可能性が低くなっていくのは、男女とも同じ。「まだ自分は若い」と思っている読者も、この先の人生と結婚をいま一度、考えてみてはいかがだろうか。

■参照リンク

・結婚できない人をゼロに

http://www.p-a.jp/zero/

・結婚の幸福度指数 QOM

http://www.qom.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP