体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初心者でも大丈夫! プロ直伝のペイント術で、壁の色を変えよう

賃貸物件において壁の色を塗り替えるのは、原状回復の義務があるため難しい。しかし、「いつか夢のマイホームを手に入れたら……」という時のために、初心者でも簡単にできるペイントの基本やコツを紹介しよう。

壁の色を変えるだけで、部屋の雰囲気をがらりと変えることができる。イメージに合わせて好きな色を選ぼう

壁の色を変えるだけで、部屋の雰囲気をがらりと変えることができる。イメージに合わせて好きな色を選ぼう

そこで今回は、住宅用内装ペイントブランドで、自分らしいライフスタイルを提案している「ROOMBLOOM」のペイントのワークショップに参加。講師の大谷理恵さんに、壁をペイントする際の基本テクニックを教わった。以下、手順ごとに解説していこう。

【準備するもの】

ローラーは大きい面積を塗る際、ハケは細かい部分やマスキングテープの周りを塗る際に使用

ローラーは大きい面積を塗る際、ハケは細かい部分やマスキングテープの周りを塗る際に使用

・ペンキ(室内用)
・ローラー
・ハケ
・マスキングテープ
・マスカー(マスキングテープの下にビニールがついているもの)
・ネット、バケット

【STEP1】 横、天井、障害物の周りにマスキングテープを貼る

マスキングテープを肩幅位まで広げてから、少しずつ貼っていく。しっかりと手のひらで押さえよう

マスキングテープを肩幅位まで広げてから、少しずつ貼っていく。しっかりと手のひらで押さえよう

まずは、塗料がついたら困るところに、マスキングテープを貼る。横、天井はもちろん、コンセントやライトなど障害物の周りも忘れずに。ポイントは、塗る面と塗らない面の境にマスキングテープを貼り、しっかりと押さえつけること。押さえがあまいと、ハケで塗る際にマスキングテープが波打ってしまい、きれいに仕上がらない。「ペイントのでき栄えは、マスキングが7割を占める」といわれるほど重要な作業なのだ。丁寧に行おう。

【STEP2】 床にマスカーを貼る

新聞紙などで養生するよりも簡単で便利!

新聞紙などで養生するよりも簡単で便利!

床の面にマスカーを貼り、ビニール部分を広げる。こうすることで、ペンキが垂れても大丈夫だ。幅木(壁の下部の床と交差する部分に取り付けられる部材)がある場合は、壁と幅木の境目に合わせて貼ろう。

【STEP3】 バケットにペンキを入れる

いよいよペンキの登場! 室内で使用するため、揮発性有機化合物(VOC)の放出量が少ないもの、臭わないものを選びたい

いよいよペンキの登場! 室内で使用するため、揮発性有機化合物(VOC)の放出量が少ないもの、臭わないものを選びたい

ペンキには粉がたくさん入っているので、使う前に缶を軽く振る。オープナーもしくはホチキスのお尻を溝に引っ掛けて蓋を押し開け、バケットにペンキを入れよう。ビニールクロスの上など、塗る面に凹凸がある場合は、水を入れて粘度を下げると塗りやすくなる。水を入れる目安はペンキの5%(ペンキ1kgの場合は、水50cc)。ローラーを使ってかき混ぜよう。

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。