ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

田中将大が受けたPRP治療 難治性皮膚潰瘍にも効果発揮

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 PRP(多血小板血漿/たけっしょうばんけっしょう)治療は、ヤンキース田中将大投手の肘の腱部分断裂にも用いられた。血小板が含有する増殖因子が細胞の組織修復能力を高める特徴を利用した再生治療の一種で、患者自身の血小板を濃縮して患部に塗布し、創傷治癒を目指す。当初インプラント埋入の歯科で利用され、現在は糖尿病性壊疽など難治性皮膚潰瘍治療として先進医療に承認され効果を上げている。

 血小板は血液に含まれる血球成分の1つで、ケガなどで血管が損傷したときに集まり、止血する働きが知られている。しかし、血管内が傷つくと、血小板が凝集して血栓を作るため、血液ドロドロの主犯とみられイメージがよくなかった。近年、研究が進み、血小板は止血だけでなく、創傷治癒のプロセスに深く関係していることがわかった。聖マリアンナ医科大学形成外科・幹細胞再生医学(angfa寄付)講座の井上肇特任教授に話を聞いた。

「ケガをすると血小板が傷口に集まり、止血した後に創傷治癒が始まります。血小板は血管内皮増殖因子(VEGF)や上皮増殖因子(EGF)、血小板由来増殖因子(PDGF)など様々な細胞の増殖を促す因子を含有し、創傷治癒のスイッチとしての働きをしているのです。2005年に血小板を効率よく濃縮し、治療に使うと、組織再生効果があるという報告がなされました。これがPRP(多血小板血漿)治療です」

 PRP治療は、歯科分野で最初に使われた。インプラント埋入の土台となる骨の再生を促すことを目的に、PRPでより確実にインプラント埋入が可能になった。その後、整形外科分野でアスリートを対象としたアキレス腱や肘や膝など関節障害や腱の部分断裂治療に用いられている。

 アスリートはドーピング問題があり、ステロイドなど薬を用いた治療が行ないにくいことや手術では選手生命を縮める可能性があることから、特に欧米でPRP治療が積極的に行なわれている。

 皮膚科分野では、難治性皮膚潰瘍治療としてPRP治療が、聖マリアンナで平成23年に先進医療として承認されている。皮膚潰瘍は陰圧療法のほか、骨髄間質細胞や脂肪細胞などから採取した幹細胞を用いた治療などが行なわれている。PRP治療は、ほかの治療では効果が得られず、切断しかない難治性皮膚潰瘍の患者に対して実施されている。

 治療は患者から30~50ml採血し、遠心分離にかけ血小板だけを集め、約10倍に濃縮して患部に塗布する。

「例えば5×5cm程度の潰瘍には、3mlのPRPをアルギン酸のシートに塗布して患部に貼付。これを1 週間に1回の割合で4回実施、治りが悪いときは、さらに4回行ないます。約40例に実施していますが、切断予定の下肢の潰瘍が周囲の血管新生も相まって上皮化し、切断も回避、自力歩行可能になっている方もいます」(井上特任教授)

 採血からPRP投与まで1時間弱で実施でき、患者自身の血小板を使うため副作用がない。足の潰瘍では、足の付け根辺りの太い血管が詰まり、先端に血流が流れないPAD(末梢動脈疾患)の患者は適応外だが、ステント挿入で血行改善が見込める場合は治療可能だ。PRPを作るには施設と技術が必要で、粗悪なPRPでは効果が得られない。PRP治療は、難治性皮膚潰瘍治療の選択肢の1つとして期待されている。

(取材・構成/岩城レイ子)

※週刊ポスト2014年9月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
紫斑・出血 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の原因判明へ
閉塞性動脈硬化症 足痛んでから一定距離歩くと歩けなくなる
ピロリ菌感染者は日本人の半数 除菌治療しない限り感染続く

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP