ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無印良品の家、実邸「窓の家」見学会に行ってきました!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シンプルにして合理的な商品をライフスタイルとして提供する無印良品。その商品群に”家”が加わって約10年が経つ。今回は近所で、「窓の家」入居者宅見学会があるとの告知を発見!早速、参加してきた。三角屋根に四角い窓、意外に存在感のある外観

JR「逗子」駅前で集合し、マイクロバス2台で10分弱の住宅地に到着(筆者の知人も多く住んでいる人気の住宅地)。幹線道路からは中に入った角地、一発でそれと分かる「窓の家」が出現!

【画像1】北西角地で2方道路に面した約50坪の敷地、右手前は芝生の庭

【画像2】外壁は塗り壁(オプション)、塀のデザインもコンクリート打ち放しでシンプル発想の原点は、イギリス・コッツウォルズ地方!?

この三角屋根のシンプルながら、どっしり安定した感のある形状。資料を見て驚いたのは、イギリスの田舎町、コッツウォルズの家から発想したという話。ライムストーンの石造りの家並みが蜂蜜色に輝くことから、「はちみつ色の町」と名が付いた町。筆者も20年前に訪れたことがあるので、この白い「窓の家」からは想像しなかったが、確かに!この屋根形状とどっしり感は通じるところだ。

本日の見学会は2回開催、合わせて10組ほどの見学者で盛況。

【画像3】リビングでお住まいの方と無印良品の家の担当者から、説明を聞くピクチャーウインドウが風景を切り取る、自然が絵画

「窓の家」の醍醐味は、窓から見える風景。なので、家が立ち並ぶ都会ではなかなか難しいデザインだが、ここ逗子市は海も近いが里山や住宅地の緑も豊かで好立地。窓から見える大空や木々の葉の光が美しく、風景が窓の額縁に納まっていた。

【画像4】庭に面したリビングの一番大きい窓。上は2階への吹抜け空間、空がキレイ

【画像5】玄関は左側からL字に広い、ハーフスケルトン階段の踊り場にも窓

【画像6】2階から見た吹抜け、方角が違う窓は季節や時間によって異なる光を取り込む

【画像7】2階はプライベートゾーン。お子さんのフリースペース、オーク材のフローリング床

【画像8】寝室と子ども部屋は引戸で、オープン空間を間仕切りもできる

無印良品のプロダクトは有名デザイナーがデザインしているが、その名前を伏せて”無印”な訳である。住宅も同じで「窓の家」商品開発アドバイザーは有名建築家。また住宅部材の開発も独自のデザインを展開している。ドアノブなど細部にもシンプリシティが貫かれているのも、MUJIファンの家づくりを納得させている。
こちらのキッチンは、ステンレス製でクールに。「シンクを端に持ってきて、真ん中の調理スペースを広くしたのは正解でした」と、お菓子づくりが趣味の施主(妻)。

【画像9】ステンレスはキレイに拭き上げるのも大変だが、清潔感バッチリ。全面窓のドアで明るいキッチン

【画像10】「昼間は照明要らずです!」ナチュラルで温かい雰囲気の家とイメージが重なるご夫婦

今回のお宅は、30代後半でマイホームを実現した若いご夫婦だった。元々、施主(妻)の実家がこの住宅地ということで土地情報をいち早く入手し購入、スープの冷めない距離に新築が実現した理想的近居パターン。
施主(夫)は「窓の家」を選んだ理由を、「シンプルな三角屋根にしたかった。設計事務所や大手住宅メーカーは、各社の主張が強いデザインになってしまう気がした」と語ってくれた。「これがいい」ではなく「これでいい」という理性的な満足感を追求する無印良品のポリシーが伝わっていた。●無印良品の家
HP:http://www.muji.net/ie/
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/09/03/68430/

【住まいに関する関連記事】ダムマニアにはたまらないダムの見学会が7月21日から開催!
日本初、1/2サイズのモデルハウスが見られる無印良品の家センター

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP