ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男性は女性からのセクハラに口を閉ざす傾向 悩む男性多いか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本スケート連盟会長の橋本聖子参議院議員(49才)が男子フィギュアスケート高橋大輔選手(28才)に「無理チュー」したと報じられ騒動に発展。「パワハラ、セクハラとは思わなかった」と高橋選手はかばったが、男性からは「嫌だったとは言えないよな」という声が聞こえてくる。労働問題に詳しい弁護士の戸塚美砂さんはこう指摘する。

「高橋選手が、内心気が進まないのに、周囲の状況から応じざるを得なかったのであれば、セクハラに該当すると考えられます」

 2012年度に都道府県労働局雇用均等室に寄せられたセクハラ相談件数は、女性からが5838件、男性からは549件。一見、男性の被害者は少ないように思えるが、実態は少々異なるようだ。

「男性は女性からセクハラを受けても問題にすることを避け、口にしたがらない傾向があります。悩んでいる男性はもっと多いのではないでしょうか」(戸塚さん)

 戸塚さんは2011年に、22~39才の男性2666人を対象にパワハラ、セクハラ・性的内容などに対するアンケートを実施した。回答があった2539人のうち、「女性の上司や先輩から、不快な思いをさせられたと感じたことは?」の問いに「はい」と答えたのは、約4分の1に当たる647人にものぼった。

 そこから500人を抽出したところ、「卑猥な内容の話を聞かされたり、卑猥な行動を見せられた」が50人、「必要以上に接近されたり、わざと体に触られた」という人が53人、「性的な話やからかいの対象にされたり、性的な噂を流された」という人も27人いた。女性によるセクハラは、想像以上に広がっているようだ。

※女性セブン2014年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
約25%の男性が職場で女性上司からセクハラ被害 圧倒的に20代
女性の肩を叩いて励ました上司 セクハラと告発され自主退職
谷間強調やミニスカなど女による逆セクハラに男「やめて!」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP