ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

滝田栄 三國連太郎の壮絶役作りを聞き芝居への意識が変わる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 役者歴40年に及ぶ俳優・滝田栄が、自身が駆け出しの劇団俳優だったころについて語った。映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる週刊ポスト連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。

 * * *

 滝田栄が俳優になったキッカケは、大学時代に観た映画『アラビアのロレンス』だった。これにいたく感動したという話を同級生にしたところ、「君は俳優になるべきだ。タイプは文学座だと思う」と諭される。その言葉に誘われるまま文学座養成所を受験し、合格したのだった。

「右も左も分からない状態で始めたんですが、僕以外はみんなプロでも通用するような人たちでした。その中に三國連太郎さんの付き人をしていた同級生がいたのですが、彼が見かねて『うちへ来て、芝居の練習をしてみないか』と言ってくれまして。それで三國さんの留守を見計らってはいろいろと教わりました。

『三國さんはどういう芝居をするのか』と彼に聞いたら、『よく行方不明になる。この間も《老人を演じるのに老人が分からない》と急に現場からいなくなって、何日かして帰ってきたら《できた》と言って、歯が一本も無くなっていたんだ』と。その話を聞いて、芝居って凄い世界だと思いました。それまでは芝居を甘く見ていたのだと思う。三國さんの本気の役作りを聞いて、モチベーションが変わった。

 それで養成所の一年目が終わった時に、僕は一番出来が悪かったのに残っちゃったんです。その時、戌井市郎さんという文学座を代表する演出家に『君は芝居が上手いから通ったんじゃない。十年後二十年後が楽しみなんだ。だから十年後を見据えて勉強しなさい。今からテレビや映画に出てチャラチャラするな。大きな人間を演じられる俳優になってほしい。ついては、人間について、よく学びなさい』と言われ、ハングリーな世界に入っていきました」

 その後、滝田は1973年に劇団四季へ入団。『ジーザス・クライスト=スーパースター』のユダ役で人気を博するようになる。

「文学座養成所を三年やっている時に誘いを受け、『舞台で飯が食える』という言葉に惹かれて四季に行くことにしました。

 四季では運が良ければ『ジーザス・クライスト=スーパースター』のような大人向けの舞台に参加できるのですが、ほとんどは全国を旅して回りながら子ども向けのミュージカルをしていました。それが、僕はどうしても好きになれなかった。ぬいぐるみみたいなのを着て演じろと言われた時は『やれません』と断って、半年間も仕事がなかった時もありました。

 それから四季は浅利慶太さんが『スターは俺一人でいい』とご自分でおっしゃる劇団。『演出された通りにしゃべれ! 動け!』が鉄則。全ての演技は演出家のイメージの中に在って、僕は、そのイメージに成り切ることに、全力を注いだ。メソッドが決まっていて、口の開け方から全て決められた方法論の中で、演出家のイメージに成り切る。

 

 そんな中で、自分なりの役作り、自分なりの声の出し方、話し方、自分の言葉はないのだろうか? と考え続けました。

 それで、戌井さんが言われた十年が過ぎた時期に差し掛かったので、ぼちぼち表に出ていいかなと思うようになり、溜めに溜めたものを引っさげて、テレビドラマの世界に行きました」

●春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。映画史・時代劇研究家。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)、『仲代達矢が語る日本映画黄金時代』(PHP新書)、『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(文芸春秋刊)ほか。

※週刊ポスト2014年9月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
平泉成の芝居論「スターはベンツに、役者は電車かバスに乗れ」
平幹二朗 主役から脇に回り全体を見て演じることが分かった
田村亮が着物姿時の所作の美しさに心を奪われた共演女優とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。