ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝日の抗議受けた水間政憲氏 朝日に慰安婦資料無償提供提案

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 朝日新聞が、慰安婦問題に関する自社の報道について大々的な検証作業を行ない、一部に「誤報」があったことを初めて認めた8月5日付の朝刊に、実はもう一つ、慰安婦に関する記事が掲載されていた。「SAPIOに本社が抗議文 『引用記事を歪曲』」と題した社会面の記事だ。

 前日の4日に発売された本誌9月号に掲載されたジャーナリスト水間政憲氏のリポート「発掘!朝日新聞の『韓国売春宿』突撃ルポ」が、〈記事に引用した朝日新聞朝鮮版などの内容を意図的に歪曲して朝日新聞社の名誉と信用を著しく傷つけた〉として、本誌と水間氏に抗議し、謝罪と訂正の記事を掲載するよう求める文書を送ったと書かれていた。

 朝日の主張は以下の通りだ。水間氏が引用した朝日新聞朝鮮版は〈朝鮮伝統の妓生(キーセン)を紹介する内容で、「慰安婦」という言葉や慰安婦に関する記述はなかった〉にもかかわらず、〈SAPIOの記事は「朝日の記事を読むことで、戦場慰安婦の多くは高給目当てに妓生から転身したものだった、という歴史的経緯がはっきりするのである」などと記述〉しており〈引用記事を意図的に歪曲〉したものだという。

 後日、抗議文書の現物が編集部に届いたが、何度読み返しても、朝日のいわんとしていることが理解できなかった。

 水間氏は、朝日新聞記者が妓生の実態をルポした1940年9月11日付記事を引用しながら、妓生の大半が〈売笑婦〉、すなわち売春婦であった事実を指摘している。その上でこの資料は、「慰安婦の収入が妓生に比べて高く、多くの妓生が慰安婦に転じていった」という水間氏の過去の研究成果を裏付けるものだ、と論評しているのである。

 水間氏は、朝日新聞からの引用と、自らの論評を明確に区別している。いったいこれのどこが、引用記事の「歪曲」だというのだろうか。それこそ、本誌記事の「歪曲」ではないか。

 そもそもなぜ朝日は、数多ある慰安婦報道への批判記事のなかで、わざわざこの記事を狙い撃ちしたのか。水間氏はこう推測する。

「1991年8月11日付の朝日に『だまされて慰安婦にされた』と証言していた元慰安婦の金学順(キムハクスン)さんは、実際には親に妓生学校へ売られたことを自身が原告となった裁判などで証言していますが、そのことを報じていなかった点について朝日は今回の特集でも〈意図的な事実のねじ曲げなどはありません〉と言い張っている。その上で〈学校を出て資格を得た妓生と遊郭で働く遊女とは区別されていた〉と強弁しています。

 朝日新聞朝鮮版などを読めば、実際には妓生と遊女の区別がほとんどなかったことは分かるはずですが、朝日としては、妓生=売春婦だと認めてしまうと、妓生から慰安婦に転じた金さんが『だまされて慰安婦にされた』と書いたのは誤報だと認めなければならなくなる。だからこそ、抗議をしなければならなかったのではないでしょうか」

 その推測に説得力を与えるのが、この金学順さんに関する朝日の記事を「捏造」と書いたFLASH、週刊文春に対して、朝日が8月6日、7日に「捏造は一切ない」と立て続けに抗議していることだ。本誌への抗議から実に3日連続で、他メディアへの抗議が朝日に掲載される異常事態となっている。

 もはや、抗議そのものより、朝日紙上で自分たちの読者に「雑誌は色々書いているが、我々朝日は正しい」とアピールすることが目的になっているのではないか。朝日新聞に対して、水間氏はこう提言する。

「朝日は不毛な他メディア攻撃に時間を費やすよりも、多くの妓生が慰安婦に転身したといった基礎的な事実を踏まえて、もう少しまともな検証報道をしたほうがいいのではないか。私が収集した資料を無償で提供する用意があるので、朝日新聞の記者と共同研究をして、その成果を朝日新聞の紙面に掲載するのはどうでしょうか」

 その際には、朝日の「慰安婦誤報問題」をどのメディアよりも詳細に報じてきた本誌も、協力を惜しまないつもりだ。朝日には是非とも、この建設的な提案に応じてもらいたいものである。

※SAPIO2014年10月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
福島みずほ氏 慰安婦裁判で朝日の虚報に合わせ証言工作疑惑
韓国紙 慰安婦のために闘った朝日新聞を助けようと呼びかけ
朝日慰安婦虚報「早く正せば深刻な日韓関係にならず」の指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP