ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝ドラ出演の高梨臨と町田啓太 打ち上げ後に自宅でデート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK連続テレビ小説『花子とアン』に出演していた高梨臨(25才)と町田啓太(24才)の自宅マンションデートをキャッチした。

 8月28日の夜、都内のホテルでNHK連続テレビ小説『花子とアン』の打ち上げが行われた。豪華キャストが揃って出席したこの打ち上げは、3次会まで進み、午前5時過ぎに一旦お開きになったが、その後、醍醐さん(高梨臨)、村岡印刷さん(鈴木亮平・31才)の弟・郁弥(町田啓太)、そして蓮子が駆け落ちした龍一さん(中島歩・25才)ら計6人のメンバーで4次会が行われていた。

 午前9時前、正面入り口から高梨をのぞく5人が出てきた。町田は自宅マンションが徒歩数分のところにあったため、中島らに挨拶をするとそのままひとりで歩いて帰宅した。その数分後、町田の自宅マンションを、高梨が訪れたのだった。人目を忍んで、他のメンバーより少し前に、店の裏口からタクシーでひとり帰ったはずの彼女は、彼の自宅へ“朝帰り”したのだ。

 2005年にスカウトされ芸能界デビューした高梨は、『ROOKIES』(TBS系)や『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日系)に出演し人気が急上昇。“醍醐さん”で大ブレークしたこの夏は、映画『わたしのハワイの歩きかた』も公開され話題となった。

 一方の町田は、2010年8月に行われた『第3回劇団EXILEオーディション』に合格し、同年12月に『ろくでなしBLUES』で舞台デビュー。その後、ドラマ『仮面ティーチャー』やドラマ『戦力外捜査官』(ともに日本テレビ系)などに出演し、注目を集めている若手俳優だ。

 そんなふたりが、こんなにも親密になっていたのはなぜなのか?

「郁弥は、英語が得意という設定でしたが、町田さん本人は英語が大の苦手。うまくセリフが言えず、“特訓したけど、発音がダメだ”って落ち込んでいたんです。そんな時、高梨さんが“堂々と話すのが大事”とこぴっとアドバイスをしたそうです。

 日本とフランスの合作映画に出演した時に、英語のセリフに何度もダメ出しをされて、同じように苦悩した経験があったようなんです。町田さんは“彼女のアドバイスのおかげで、うまく話せるようになった”と感謝していました。そこから、ふたりの距離は縮まったみたいです」(芸能関係者)

 冒頭のシーンに戻ると、朝まで飲み明かしたふたりは町田の自宅へ。約7時間後の夕方4時過ぎ、先に自宅から出てきたのは町田だった。向かった先は美容室。夜8時、郁弥のイメージから一転、金髪になって出てきた町田は、ポケットから取り出した携帯で誰かと話していた。

 ちょうどその頃、高梨も電話をしながら、留守番をしていた町田の自宅から前日と同じ白いワンピースで出てきた。約15時間、朝まで飲み続けたとあって、少し気怠い様子で歩く高梨。そうして、近所の九州料理店で町田と落ち合った。

 1階にカウンター、2階にテーブル席を構えたこの店は、金曜の夜ということもあってほぼ満席。2階に案内されたふたりは、テーブルに向かい合って座り、ゆっくりと食事を始めた。

「お酒は1杯ずつで、お店自慢のゴーヤチャンプルやサラダを注文していました。特にまわりを気にすることもなく、楽しそうに会話をしてましたね」(居合わせた客)

※女性セブン2014年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
近藤春菜 花子とアンで親友・吉高由里子の顔に泥塗れなかった
吉高由里子は「酒入るとサイコー、可愛い、男前」と芸人証言
江角マキコ 『バイキング』東京居残り放送の裏に落書き報道

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP