ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IFA 2014 : Samsung、5.7インチWQHDディスプレイを搭載した手描き入力対応スマートフォン『Galaxy Note 4』を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Samsungは9月3日、ドイツ・ベルリンで開催された『IFA 2014』プレスカンファレンスで『Galaxy Note』スマートフォンの4代目『Galaxy Note 4』を発表しました。『Galaxy Note 4』は2014年10月に発売されます。

『Galaxy Note 4』は、昨年10月に発売された『Galaxy Note 3』の後継です。新モデルでは、デザイン、画質、『Sペン』、カメラを中心に改良しています。また、『Galaxy Note 4』にはフレキシブルディスプレーを搭載した派生モデル『Galaxy Note Edge』もあります。ボディは『Galaxy Alpha』のメタルフレームを採用したデザインに変わりました。ディスプレーサイズは5.7インチのままですが、解像度が2560×1440ピクセル(WQHD)に向上し、より表示が鮮明になりました。


もちろん表示モジュールは『Super AMOLED』で、『Galaxy S III』のようにカバーガラスをカーブ形状にした“2.5D ガラス”(ゴリラガラス3)を搭載しています。本体の横幅は78.6mmに細くなりましたが、厚みは8.5mmと若干太くなり、質量も176gに増えました。カラバリは、 “Charcoal Black”、“Frost White”、“Bronze Gold”、“Blossom Pink”の4色です。

搭載プロセッサは『Exynos 5433』1.9GHz×4+1.3GHz×4のオクタコアまたはSnapdragon 805 2.7GHzクアッドコア。LTEでは下り最大300MbpsのLTE Category 6(LTE-Advanced)にも対応しています。バッテリーの容量は3220mAhと若干増加しました。

『Galaxy Note 4』のデジタイザペン『Sペン』は2048段階での筆圧感知に対応し、従来モデルよりも筆記感がより自然な感じになったとされています。また、『Sペン』はPCのマウスでよく行うテキストのドラッグや範囲の選択が可能になり、『Sペン』によるスマートフォンの操作性も向上しました。このほか、『Sペン』で様々なアプリの画像を取り貯め、様々なアプリといつでも共有できる『スマートセレクト』機能も搭載しています。

『Galaxy Note 4』で使いやすいマルチウィンドウ機能は、選択したアプリをフローティング型のアイコンに最小化することが可能になり、好きな時にサイズを元に戻すと画面が再度分割されるといった機能性が向上しました。

『Galaxy Note 4』のリアカメラは、1600万画素の裏面照射型CMOSを採用。光学式手ブレ補正と電子式手ブレ補正を組み合わせた「スマート光学式手ブレ防止(SOIS)」機能を搭載しました。カメラで撮影した写真を『Sノート』の新規ノートに変換する書類や黒板のデジタル化機能『スナップノート』も搭載。フロントカメラはちょっと面白いですよ。イメージセンサーは370万画素に、レンズもF1.9の明るいものにアップグレードされ、自分撮りで明るく撮影できるようにしています。それだけではなく、パノラマ写真を撮影するように端末を動かすだけで120度広角の自分撮りもできるのです(ワイドセルフィー機能)。

このほか、バッテリー容量の半分をわずか30分で充電できる急速充電機能に対応。指紋センサーや光学式の心拍センサー、『S Health 3.5』アプリで紫外線指数を確認できるUVセンサーも搭載。マイクは3コに増えて周囲の騒音に応じて自動通話音量を調節する機能や音の入ってくる方向を識別しながら録音する音声レコーダー機能(Normal Mode、Interview Mode、Meeting Mode、Voice Memo)も搭載しています。OSはAndroid 4.4.4(KitKat)を搭載しています。

OS:Android 4.4.4(KitKat)
サイズ:153.5 x 78.6 x 8.5mm、質量176g
ディスプレイ:5.7インチ、解像度2560 x 1440ピクセル(WQHD)、Super AMOLED
プロセッサ:Exynos 5433(Cortex-A15×4 1.9GHz+Cortex-A7×41.3GHz) / Snapdragon 805 2.7GHzクアッドコア
メモリ:RAM 3GB、内蔵ストレージ32GB、microSD/microSDHC(最大64GB)
リアカメラ:1600万画(裏面照射型CMOS、AF、Smart OIS、LED Flash、動画は最大4K@30fps、1080@@60fpsの撮影も可能)
フロントカメラ:370万画素(裏面照射型CMOS、F1.9レンズ、動画は最大1080p@30fps)
対応周波数:-GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(850/900/1900/2100MHz)、LTE(6バンド対応、市場によって対応が異なる)
パケット通信:EDGE/GPRS、HSPA+ 42Mbps/5.76Mbps、LTE cat 4 150Mbps/50Mbps or LTE Cat 6(下り最大300Mbps/上り最大50Mbps)
ワイヤレス機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac(デュアルバンド、HT80モード)、Wi-Fi Direct、Bluetooth v4.1、NFC、DLNA、Miracast
外部端子類:3.5mmオーディオジャック、microUSB 2.0(MHL3.0対応)
センサー類:ジェスチャー、加速度、ジャイロ、コンパス、ライト、赤外線(IrRC)、近接、気圧、Hall、指紋、UV、心拍、SpO2、GLS/GLONASS/BeiDou
バッテリー:3220mAh(アダプティブ急速充電またはQuick Charge 2.0)
Source : Samsung


(juggly.cn)記事関連リンク
IFA 2014 : Samsung、フレキシブルディスプレイを採用して側面も表示領域にしたAndroidスマートフォン「Galaxy Note Edge」を発表
IFA 2014 : Sony Mobile、Xperia Z3シリーズでPlayStation 4 Remote PlayとDUALSHOCK 4をサポート
IFA 2014 : Sony Mobile、1.4インチのE Inkディスプレイを搭載したリストバンド型アクティビティトラッカー「SmartBand Talk(SWR30)」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP